Amebaニュース

レジェンド・リリーバー建山義紀が語る『俺の中継ぎ論』「地味な『月見草』だけど、中継ぎの頑張りがなければ試合に勝てない」

11月23日(月) 6:20

提供:


来る日も来る日もブルペンにこもり、先発を救援して抑えにつなぐ。勝敗を左右する大事な局面でピシャリと抑えても、「当たり前」と見なされる......。そんな過酷な職務を全うし続けているのが、中継ぎ投手=リリーバーだ。

そんな仕事人のレジェンド3人に光を当てる「俺の中継ぎ論」インタビュー。初回の岡島秀樹氏に続く第2回は、選手時代の知見を生かして侍ジャパンのコーチを務める建山義紀(たてやま・よしのり)氏。滋味深い「仕事論」はすべての「働く男」必読だ!

* * *

「中継ぎはとにかく地味。『月見草』です」と語る建山氏。

「抑えて当たり前と思われるのは正直つらい。でも、中継ぎの頑張りがなければ絶対に試合には勝てない。だから、その日の先発や首脳陣から、『あの場面での頑張りがあったから勝てた』と言われたらうれしいですね。

ただ、今日は無死満塁を抑えて勝利できても、明日はサヨナラ弾を浴びるかもしれない。一喜一憂できない厳しいポジションです」

最優秀中継ぎ投手のタイトル経験を持つ建山氏だが、「たまたま取れただけ。大した武器もなかったですし」と謙遜(けんそん)する。

「中継ぎには、『俺はこれだけは負けない』という絶対的な武器が欲しい。でも、僕自身にスゴい球種はなかったので、打者の狙い球を見抜く作業が必要でした。相手打者のスイングやタイミングの取り方から狙い球を読み解き、その逆を突くんです。強いていえば、そういった『観察力』が自分の武器だったかも」

現在は侍ジャパンの投手コーチも務めるが、中継ぎに求めるものは?

「中継ぎ投手は本来、失敗することも多少は織り込んで長いシーズンを戦います。大事なのは打たれた後、すぐに挽回のチャンスが欲しいか、いったんリセットする間が欲しいか。そういった性格面も本当は考慮したい。でも、代表ではそうもいっていられません。だから、厳しい場面であればあるほど開き直れるタイプだと頼もしい。

その上で、やはり求めたいのは三振を奪える力。昨年のプレミア12であれば、ソフトバンクの甲斐野央、オリックスの山本由伸。彼らはストレートも縦の変化球も圧倒的な力を持っていて、期待どおりの投球でした。あれこそ、中継ぎの理想型です」

●建山義紀(たてやま・よしのり) 

1975年生まれ、大阪府出身。日本ハム時代に最優秀中継ぎ投手のタイトルを獲得。レンジャーズ、阪神でもプレー。現在は侍ジャパンで投手コーチを務める。日米通算499試合登板

取材・文/オグマナオト

【関連記事】
プロ野球界復帰を目指す新庄剛志に密着!「俺は何年ブランクあんねん!(笑)」
スター候補が続々! 今季のプロ野球で光った高卒2、3年目の若手たち
プロ野球界復帰を目指す新庄剛志に密着!「全部が初めてのことやから。答えはないよ。自分で探すだけ」
200勝、2000本安打達成者はいまだゼロ。栄光の「松坂世代」は敗者の集団だったのか?
絶好調の巨人・菅野智之が、オフにフォーム改造を託した"達人"とは?
週プレNEWS

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ