Amebaニュース

相続でもめないために、今すぐやるべきことは何?<ユミリー風水>

9月21日(月) 7:15

提供:

風水建築デザイナーの直居由美里さんによると、不動産をつかさどるのは東北。ただし、この方位は「鬼門」に当たるので細心の注意が必要だと言います。
将来、相続でもめないためには、どうすればいいのでしょうか?
東北の場所には黄色い小物か花を飾って!
相続というとまずもめがちなのが、資産価値も大きく、分けることのできない実家でしょう。その不動産の意味を持つ方位が「東北」です。
東北は外からの邪気が入り込む「鬼門」でもあります。この方位の気が乱れると相続でも疑心暗鬼になり、もめる原因になります。
ですから、家の中でもとりわけこの東北の場所を清浄に整えることが大事です。
盛塩をしてこまめに替えることも有効ですが、インテリアとして考えた場合、黄色の生花を飾ることがおすすめです。もし、黄色い花がなかったときは、東北のラッキーカラーである白い花でもOKです。
また、東北がキッチンやバスルームにあたる場合は、黄色のタオルや小物を配するのでも良いでしょう。
リビングにも親子、兄弟関係が良くなる工夫を
家族円満で親や兄弟との関係が良好なら、相続でもめることもないかもしれません。そこで大事なのが、家族運をつかさどるリビングです。
特に相続という観点から考えると、実家のリビングのインテリアが重要です。リビングがどの方位にあったとしても、木を多く使った温かみのある柔らかな印象のインテリアに。
布製のカーテン、ソファ、自然素材系のラグマットも、当たりを柔らかくするので良いでしょう。家族の信頼感や絆を強めるには、東側にテレビを置き、できればパキラや幸福の木を置いてください。
また、モノが散らかりゴチャゴチャしていると、殺伐とした雰囲気になりがち。一度、実家の断捨離を手伝ってあげるのも良いアイデアかも。
テレワークの効率を上げたい人ははこちらも!
ユミリー風水でテレワークも効率アップ
テレワークの効率アップ。パワーをくれる色を取り入れて!<ユミリー風水>
監修/直居 由美里 風水建築デザイナー、由美里風水塾塾長。風水を環境学(学問)として捉え、風水・気学・家相学などを30年以上にわたり研究。その功績により2009年には「易聖」の称号を授与された。著書多数。最新刊は『九星別ユミリー風水2021』『ユミリーの風水暦2021』(ともに大和書房)携帯サイト 「直居ユミリー恋愛風水」 「ユミリーの成功の法則」 で読者からの質問に答えてくれている
イラスト/波田佳子

 [こちらも合わせて読む]
金運・健康運アップ:トイレは便座のフタを閉める。植物や香りも大事<ユミリー風水>
傘立ては家の外!玄関をきれいに掃除すれば運気は上がる<ユミリー風水>
健康運と金運アップ:キッチンはまめに拭き掃除、ゴミ箱はフタ付きに<ユミリー風水>
キッチンの観葉植物は運気にいいのに「寝室はNG」はなぜ?<ユミリー風水>
日刊Sumai

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ