Amebaニュース

謎解きクリエイター・松丸亮吾さん、「リビングの壁の穴」は実家の思い出

7月12日(日) 21:04

提供:

大人も子どもも楽しめる謎解き問題を数多く編み出し、今や謎解き王子として、「今夜はナゾトレ」(フジテレビ)や「おはスタ」(テレビ東京系列)などで大活躍中の松丸亮吾さん。
現在は都内で一人暮らしをしていますが、大学3年生までは千葉県の実家で暮らしていたそう。そんな松丸さんに、思い出深い実家での数々のエピソードについてお話を伺いました。
4人兄弟の末っ子は、損な役回り!?
松丸家の4人兄弟
実は4人兄弟の末っ子という松丸さん(抱っこされているのが松丸さん)。男の子4人兄弟だと遊びはもっぱらゲームだったそう。末っ子なだけあって、いつも兄たちに負かされてばかりの日々が続きます。
「昔『スマッシュブラザーズ』っていうゲームがあって、敵を場外に追い出す格闘ゲームなんですけど、100戦中99戦くらいは僕が最初に追い出されて、そこからずっとゲームが終わるまで待つ、みたいな。そんなのが続いたら全然楽しくないんで、ポンって兄弟に手を出しちゃうじゃないですか。そうすると親が来て、殴るのはよくないって僕が注意されるっていう。超いじめられて、損な役回りですよ(笑)」
大学受験の時もLDKのダイニングテーブルで勉強
東京大学で謎解きサークルの代表をつとめていた松丸さん。日本最難関の大学に入学するために、どのような環境で勉強していたのでしょうか?
「家のスペース的に子ども1人にひと部屋は難しくて、自分だけの部屋はなかったです。次兄と僕でひとつの部屋を使っていました。でもその部屋では勉強せず、大学受験の時もLDKのダイニングテーブルで勉強してましたね」
キッチンからリビングが見渡せる間取りだったため、両親も安心して家事が行えるよう、自然とリビング学習が定着したそうです。
兄弟の誕生日にみんなでケーキを囲んで
兄弟の誕生日にみんなでケーキを囲んで。
兄弟の誕生日にみんなでケーキを囲んで
6人家族の食卓はいつも大賑わい。食事や勉強はいつもこのテーブルで。
リビングの壁には、けんかの際に開けてしまった穴が!
松丸亮吾さんの実家のリビングの一角
写真は松丸さんの実家リビングの一角。「今思うとリビングで過ごす時間がかなり長かったですね。家族と話す時間も長かったし、ひとりになるってことが小さいときからあまりなかったです」
リビングはテレビ番組の取り合いや、ゲームの勝敗にまつわるいざこざなどでいつもけんかの発生地に。そのため、テレビが置かれているリビングの一角の壁には、けんかの際に開けてしまった穴がいまだにそのまま残っているとか。
念願の子ども部屋を手に入れた頃には必要なくなっていた
松丸亮吾さんの実家の間取り図
こちらは松丸さんの実家の間取り図。子どものころは自分だけの子ども部屋が欲しくてたまらなかったという松丸さん。兄弟の成長とともに、独立して一人暮らしをする兄弟もでてきたため、やっと松丸さんの自由に使える部屋が手に入るときがきました。
「そのころにはもう必要なくなってしまっていて(笑)。大学のサークルで使った備品などの保存室みたいになっちゃいました」。実家を離れ一人暮らしを始めた現在でも、子ども部屋には荷物が山積みされて物置と化しているそうです。
松丸亮吾さん
謎解きクリエイター。東京大学に入学後、謎解き制作サークルの代表をつとめ、現在は自身が設立した謎解き制作会社RIDDLERの代表取締役を務める。謎解きブームの仕掛け人で、多くのメディアで活躍。シリーズ累計135万部の「東大ナゾトレ」の最新刊『東大ナゾトレ SEASONⅡ 第3巻』(扶桑社刊)が好評発売中。
※情報は「リライフプラス vol.37」掲載時のものです。

 [こちらも合わせて読む]
芸人バービーさんの東京おうち遍歴。紅一点のルームシェア時代も
芸人バービーさんの家時間「仏具の音色と浄化の煙に癒やされます」
人気芸人バービーさんが地元・北海道で50万円の古民家を購入、町おこしに奮闘
「子ども部屋の広さが平等でない」が実は合理的。納得の理由を解説
日刊Sumai

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ