Amebaニュース

デンタルフロスが、水栓の隙間掃除に最適。汚れを強力にかき出した

7月11日(土) 20:34

提供:
キッチンや洗面台の水栓の掃除、うっかり忘れてしまったり、つい後回しにしてしまう場所なので、気づくと水アカや汚れが付いていることが多いもの。とくに水栓の根元やすき間の汚れは掃除がしにくい場所。
そんなとき役に立つのがデンタルフロス。すき間に残る黒い汚れをお掃除するのにぴったりです。詳しく解説していきましょう。
キッチン水栓の根元は汚れやすい。裏側も忘れずチェックを

毎日使うキッチンや洗面所の水栓は、どうしても水アカや汚れが付きやすい場所。とくに水栓の根元の部分は飛び散った水滴をそのままにしがちなので、気づいた時には落としにくい汚れになっていることも多いもの。
筆者は定期的に水栓の根元をチェックし、掃除するようにしています。
水栓の根元は汚れにはクエン酸パックが有効
水栓の根元の裏側
水栓は普段見えている手前だけでなく、裏側も定期的にチェックしておきましょう。この裏側、意外に汚れがたまっています。
水栓の根元をクエン酸でパック
水栓の根元の掃除には簡単なクエン酸パックがおすすめです。200mlの水に小さじ1のクエン酸を入れると、クエン酸水を作ることができます。
キッチンペーパーにクエン酸水を浸し、水栓の根元に巻きつけるように密着させて30分ほど置きます。30分後にキッチンペーパーを取り、水拭きするだけです。
水栓のすき間の汚れにはデンタルフロスが活躍
デンタルフロス
水栓のすき間部分の掃除に役立つのがデンタルフロス。ブラシやスポンジなどで掃除しにくい場所に最適です。筆者は100円ショップのものを掃除用にしています。
デンタルフロスで、水栓の根元や隙間の汚れをかき出す
デンタルフロスで、水栓の根元や隙間の汚れをかき出していきます。ブラシなどでは取り切れない汚れが出てきます。
デンタルフロスについてきた汚れ
フロスに汚れがついてくるので、フロスを交換しながら何度か掃除するときれいになります。汚れが取りにくい場合は、歯磨き粉や中性洗剤を少量フロスにつけて掃除するとより落ちやすくなります。
IHヒーターとワークトップのすき間掃除にもデンタルフロスが使える
IHヒーターとワークトップのすき間をデンタルフロスで掃除
またIHヒーターとワークトップのすき間も、調理の際に飛び散った油汚れや食材などがたまりやすい場所。ここでもデンタルフロスが役立ちます。
ブラシなどが届きにくい隙間の掃除には、ぜひデンタルフロスを試してみてください。
※クエン酸は塩素系洗剤と混ぜないでください。
※酸に弱い材質の場合は、目立たない場所で確認してから使用してください。

 [こちらも合わせて読む]
歯間ブラシを「ノズル掃除」に。ウォシュレットを放置している人必見
たった数分!日々の「小掃除」で家じゅうのキレイをキープ
ハッカ油とペーパータオルだけで!夏の嫌なニオイが5分で消える習慣
洗濯ホースをラップ巻き!?梅雨に役立つ、洗面所の掃除&収納アイデア
日刊Sumai

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ