Amebaニュース

★2020年下半期占い★星とルーンで見る12星座別占い~水瓶座(みずがめ座)の運勢~

7月9日(木) 8:00

提供:
ラジオ発のエンタメニュース&コラム「TOKYO FM+」がお届けする「星とルーンで見る12星座別占い・2020年下半期の運勢~水瓶座(みずがめ座)~」。あなたの運勢は……?


2020年上半期は予期せぬウィルスに世界中が翻弄され、生活スタイルや働き方にも大きな変化が起こりました。これも時代の節目という点で、私たちの生活や価値観に大きなインパクトとなったに違いありません。

年末には、20年に1度の「グレート・コンジャンクション」=“土星と木星が重なるめずらしい天体現象”が起こります。

これまでの「地の時代」を象徴する物質的豊かさを重視する考え方から、個性を重視する「風の時代」へと移り変わります。

7月2日に土星が逆行をはじめ、年末の「グレート・コンジャンクション」に向けて最後の調整に入るような下半期。この時期をいかに過ごすかによって、2021年の「風の時代」を気持ちよくスタートできるか、大きく左右されそうです。

★みずがめ座★
2020年下半期は、「自分と向き合う」とき。2021年の大舞台の幕開けに向け、最後の“自分との戦い”がやってきそうな星回りです。過去と向き合い大きく飛躍するためのパワーを蓄える準備期間ともいえそうです。失敗から学んだり、失ったものを取り戻せる最後のチャンスになるかもしれません。内省することで道が開けてきそうです。

仕事面では、プレッシャーを感じたり、責任を問われる場面も。9月からが勝負どきになりそうです。これをチャンスと思えれば、成功はもう目の前です!

恋愛面では、7月と9月が好調に。特に秋の出会いは、運命の赤い糸を感じる瞬間もありそうです。

<お守りルーン>
2020年下半期のあなたを守ってくれるルーンは、仲間を示す「エオロー」。保護という意味もあり、あなたの願いは確実に守られ叶えられていきそうです。そのカギを握るのは、信頼できる仲間。友人のサポートを得て願いを叶えましょう。

■監修者プロフィール:真龍人(マリユドゥ)
20代より占星術を学び、社会人経験を経て2017年より対面鑑定、チャット鑑定、メール鑑定を開始。占いコンテンツ「琉球龍神歴」の監修も手掛ける。2019年に拠点を沖縄県へと移し、占星術と霊感タロットを組み合わせお客様の明るい未来を創るサポートに日々励んでいる。LINEトーク占いを中心に活動中。
Webサイト:https://selene-uranai.com/
TOKYO FM+

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ