Amebaニュース

LINE、グループ通話(ビデオ/音声)の参加上限人数を2.5倍となる500名へ拡大

7月3日(金) 16:55

提供:
イメージ LINE株式会社は、同社のコミュニケーションアプリ「LINE」で使えるグループ通話(ビデオ通話、音声通話)機能において、参加上限人数を500名に拡大すると発表した。 コロナ禍において、LINEのグループ通話はZoomなどと並びオンライン飲みなどで使われるようになり、外出自粛や自宅待機を行う人々にとって、重要なコミュニケーションツールになっている。

これまでは、最大参加人数は200名だったが、今回は2.5倍となる500名まで引き上げた。

500名同時に全員がおしゃべりするのは不可能だが、大勢を集めるイベント的な使い方ができるようになる。

グループで音声通話をする場合は画面を上下にスクロールして参加者全員のアイコンを、また、ビデオ通話をする場合は横にスワイプして参加者の顔や様子を確認できる。

そのほか、グループ通話(ビデオ通話、音声通話)で「みんなで見る」機能を利用すれば、画面をシェアしたり、YouTubeを見たり、大勢で同じコンテンツを見ながら会話もできる。 発表資料
URL:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3285
2020/07/03
■関連記事
PayPayを使うと地方自治体独自の還元が受けられるプロジェクト発足 (2020.7.3)
ドンキの運営会社、コーポレートサイトが“あのPOP文字”になるバージョン追加 (2020.7.3)
720万通りから選べる自分色のバッグ「マイ プリアージュ® シグネチャー」 (2020.7.3)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ