Amebaニュース

【お菓子連載・甘いときめき、小さな宝箱】第3回 イラストも味わいもあたたかみにあふれた「フェアリーケーキフェア」

7月3日(金) 11:00

提供:
【お菓子連載・甘いときめき、小さな宝箱】
第3回「フェアリーケーキフェア」イラストも味わいもあたたかみにあふれた、東京だけの手作りお菓子
人気のデザイナーやイラストレーターを起用したお菓子のパッケージは、まるで小さな宝箱。デザインに込められた想い、ストーリー、そしてお菓子は宝石のようにきらきらと輝きます……。そこで、コンセプトから、味、デザインに至るまで、こだわりがギュッと詰まったブランドをピックアップ。第3回は、菓子研究家・いがらし ろみさん監修の「フェアリーケーキフェア」をご紹介。パッケージはもちろん、かわいいお菓子たちにも注目です。

●取材・文:中村美枝(JAM SESSION) ▼フェアリーケーキフェアの成り立ち、コンセプトについて ──「フェアリーケーキフェア」が誕生したきっかけと、名前の由来を教えてください。

高木さん:「フェアリーケーキフェア」は「素材と季節を、たのしむ暮らし」というライフスタイルをお客様にお届けしたいとの思いから誕生しました。そんな思いを名称に込め、“イギリスのカップケーキ”“毎日手づくりの”=「Fairycake」、“たのしさ”=「Fair」という言葉を組み合わせました。

──お菓作りで大切にされていることはなんですか?

高木さん:「素材と季節を、たのしむ暮らし」を提供できるよう、「店内工房でパティシエ手づくりの、見ても食べてもたのしいお菓子」をコンセプトとしました。お菓子には、季節のフルーツと吟味した良質な材料を使用。「混ぜる」「焼く」「仕上げる」といった当たり前の工程を、毎朝丁寧にひとつ一つ心を込めて、監修者・いがらし ろみさんこだわりのイギリス菓子の製法でお作りしています。

風味豊かなお菓子のおいしさをお届けするため、保存料を使用しない、作りたての味わいも大切にしています。「手作りのお菓子と一緒ならもっとワクワクする」といったような、作り手が見えるお菓子で季節と素材を楽しみながら、ほっと安らげるひとときを過ごしていただけたら。

──ターゲットはどのような方たちですか?

高木さん:「フェアリーケーキフェア」はJR東京駅構内の「グランスタ」に店舗があります。そういった立地もあり、トラベルネイバーとオフィスネイバーをターゲットにしました。

トラベルネイバーに向けては、旅行者や帰省者が求める“トウキョウ”にしかないものを。旅先から「そこにしかないもの」を持ち帰ることこそ、お土産だと思います。コンセプトや材料、製法などを含めて、ほかの場所にはない、東京にしかないものと自信を持っています。

東京駅や、丸の内・八重洲のオフィスに集う人々のデイリーのご利用が多いのも特徴です。そういった方たちが、出勤前や休憩、帰宅前に、ふらりと立ち寄れる便利なパティスリーとして、お客様に寄り添う店でありたいですね。 ▼フェアリーケーキフェアのアートワークについて 季節限定のカップケーキ「ベイクドチョコベリー」も前田ひさえがイラストを手掛けている季節限定のカップケーキ「ベイクドチョコベリー」も前田ひさえがイラストを手掛けている ──いがらし ろみさんプロデュースのブランドということで、パッケージデザインにもいがらしさんの思いが反映されているのでしょうか?

高木さん:まずは、どのようなお菓子がお客様にお喜びいただけるかを考えて商品を完成させてから、いがらしさんのご意見も伺いつつ、そのお菓子をいちばん引き立ててくれるパッケージデザインを考案していきます。

──「フェアリーケーキフェア」のパッケージイラストの多くを前田ひさえさんが手がけられていますね。なぜ、前田さんを起用されたのですか?

高木さん:前田ひさえさんが描き出す、かわいいだけではない独特の世界観が、商品の魅力をさらに引き出してくれると考えました。フレッシュカップケーキの「ベイクドZOO」、オリジナル缶に詰めた「プチカドーはとハート」「プチカドーユニコーン」「プチカドーシャノワール」などの定番商品だけでなく、季節限定品も前田さんにお願いしています。

前田さんには、最終段階で商品のイメージに合ったイラストを描いていただいていますが、どの商品に関しても、それぞれのお菓子の魅力が最大限に表わされていて、私たちも満足しています。 ──「フェアリーケーキフェア」は、お菓子そのものもかわいらしく、素敵な世界観があります。買ってもらう・食べてもらう人に、どんなことを感じてほしいですか?

高木さん:おうちや職場で楽しむ方、プレゼントとしてもらう方、さまざまだと思いますが、まずはパッケージを楽しんでいただきたいですね。そして、パティシエが手作りするお菓子のあたたかみとかわいらしさ、しっかりとしたおいしさも味わっていただいて、特別なお茶の時間をご提供できたら嬉しいです。 ▼ギャラリー 国産の瀬戸内レモンを使用。パンダやレモンのアイシングもキュートな夏限定の「ベイクド瀬戸内レモン」5個入1,500円(税込)。「夏にぴったりな爽やかなレモンの味わいのケーキと、パッと目を引く鮮やかな黄色のパッケージをお楽しみいただけたらと思います」(高木さん)国産の瀬戸内レモンを使用。パンダやレモンのアイシングもキュートな夏限定の「ベイクド瀬戸内レモン」5個入1,500円(税込)。「夏にぴったりな爽やかなレモンの味わいのケーキと、パッと目を引く鮮やかな黄色のパッケージをお楽しみいただけたらと思います」(高木さん) 5種の味わいのカップケーキを詰め合わせた「ベイクドZOO」5個入1,600円(税込)。「いちばん人気の商品です。カップケーキにデコレーションされている動物たちを箱にもあしらい、パッケージとお菓子をリンクさせて、楽しい雰囲気を演出しています」(同上)。ベイクドクラシックとベイクドZOOを詰合わせた10個入「ベイクドZOOパーティ」10個入2,600円(税込)もあり。5種の味わいのカップケーキを詰め合わせた「ベイクドZOO」5個入1,600円(税込)。「いちばん人気の商品です。カップケーキにデコレーションされている動物たちを箱にもあしらい、パッケージとお菓子をリンクさせて、楽しい雰囲気を演出しています」(同上)。ベイクドクラシックとベイクドZOOを詰合わせた10個入「ベイクドZOOパーティ」10個入2,600円(税込)もあり。 それぞれに、味、デザインの異なるビスケットとメレンゲを詰め合わせた「プチカドーはとハート」「プチカドーユニコーン」「プチカドーシャノワール」各880円(税込)。「さりげなく贈れて、もらった方も喜んでいただける商品を目指しました。食べた後、小物入れなどに使っていただけるよう、クローバーのふちどりをしたオリジナル缶にもこだわりました」(同上)それぞれに、味、デザインの異なるビスケットとメレンゲを詰め合わせた「プチカドーはとハート」「プチカドーユニコーン」「プチカドーシャノワール」各880円(税込)。「さりげなく贈れて、もらった方も喜んでいただける商品を目指しました。食べた後、小物入れなどに使っていただけるよう、クローバーのふちどりをしたオリジナル缶にもこだわりました」(同上) 「マイビスケット」5袋入1,400円(税込)、「プチマイビスケット」6枚入680円(税込)。「一袋に4種類のビスケットが入っていて、見た目もカラフル。いろいろな味をお楽しみいただけます。こちらのパッケージも前田さんが手掛けました。紅茶を描いたイラストの通り、紅茶によく合うビスケットです」(同上)「マイビスケット」5袋入1,400円(税込)、「プチマイビスケット」6枚入680円(税込)。「一袋に4種類のビスケットが入っていて、見た目もカラフル。いろいろな味をお楽しみいただけます。こちらのパッケージも前田さんが手掛けました。紅茶を描いたイラストの通り、紅茶によく合うビスケットです」(同上)
■関連記事
【お菓子連載・甘いときめき、小さな宝箱】第1回 果実と女の子が世界観を広げる洋菓子ブランド「フランセ」 (2020.6.5)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ