Amebaニュース

沖縄の美術家の真喜志勉氏の展覧会「Turbulence 1941-2015」が多摩美術大学美術館で開催

7月3日(金) 9:45

提供:
Unknown(1975) 2020年7月4日(土)から9月22日(火・祝)まで、多摩美術大学美術館にて、真喜志勉氏(1941〜2015年)の展覧会「Turbulence 1941-2015」が開催される。真喜志氏は、ネオ・ダダやポップ・アートのような手法もも織り交ぜながら、沖縄の同時代を映し出す独自の作風を切りひらいた美術家。本展は、沖縄県外での初の大規模展覧会となる。 沖縄を拠点に活動した真喜志勉氏は、美術団体などには所属せず、1970年代以降にほぼ毎年個展を開催して約50年にわたり新作を発表し続けた。1941年に誕生して、少年時代は洋服の仕立て屋として裁断のためにチョークで線を引く父の姿を見て育ち、1960年に当時はまだアメリカ占領下であった沖縄からパスポートを持って多摩美術大学絵画科油画専攻に入学。積極的に同時代の文化・芸術を吸収して、自身の作品を通じて1960年代の前衛美術を沖縄に伝えた。卒業後は沖縄で家業を手伝うが、本土復帰直後の1972年にニューヨークへと渡り、皿洗いやトラックドライバーの仕事をしながら現地のアートシーンに触れて、約1年後に再び沖縄に戻って絵画教室「ぺんとはうす」を開く。 本展では、真喜志氏の画業の中から、作家旧蔵の約90点を紹介。時系列に並べてみることで、東京とは異なる文脈で培われた表現の軌跡を辿ることができる。火曜休館(9月22日は開館)、開館時間は10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)で、入館料は一般300円/学生以下無料。 ■期間:
2020年7月4日(土)~9月22日(火・祝)

■開催場所:
多摩美術大学美術館
東京都多摩市落合1-33-1

■問い合わせ先:
多摩美術大学美術館
url. https://www.tamabi.ac.jp/museum/default.htm
■関連記事
7月の日曜限定で「令和元年度 武蔵野美術大学 卒業・修了制作 優秀作品展」が一般公開 (2020.7.2)
フラワーデザイナーの木村亜津氏の作品展「CASE: 30 strolls AZU KIMURA」 (2020.7.2)
発泡スチロールを題材とした新シリーズも展示される浅香弘能氏の個展「KASHOUMON-《仮象》」 (2020.7.1)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ