Amebaニュース

夏の肌ケアで重要なことは…毎日のデトックスケア

6月29日(月) 11:40

提供:
株式会社イプサは、全国の20~40代前半女性1,000名を対象に「現代女性が溜め込みがちな“肌に不要なもの”と“デトックス習慣”」に関する調査を実施。このたび、その結果が発表されました。



まず、むくみを感じることが多い身体の部位について質問したところ、「ふくらはぎ」(57.4%)が最も多く、次いで「顔」(39.1%)に回答が集まりました。むくみを実感しやすい「ふくらはぎ」のデトックスケアは日常に取り入れて行っている方も多いと思われます。

一方で、「顔」のむくみついては、「一時的なもの」か「慢性的なもの」かについて調査を行ったところ、約7割の女性が「(顔のむくみは)一時的なもの」(67.3%)と捉えていることが分かりました。その結果、日常的なデトックスケアを疎かにしがちであることが伺えます。むくみを感じやすい部位でありながら、デトックスケアが浸透しない背景は、“顔のむくみは一時的なもの”という意識からくるのかもしれませんね。現代女性は、もっと日常的な“デトックスケア”への意識を高く持つ必要があるようです。



35,000人以上の測定データによると、半数以上の女性が「蓄積リスク高」(54.9%)と判明。さらに、3割近くが「蓄積予備軍」(25.3%)だと分かりました。ここでの蓄積リスクは、肌測定器(IPライザー)による肌測定結果に加え、ひとりひとりの生活環境や生活スタイルなどを複合的に判断し、肌に不要なものをため込むリスク高さを判定したものを指します。蓄積予備軍を加えると、7割以上の女性が肌に不要なものを多くため込むリスクが高いという結果になりました。肌への蓄積リスクが高い現代の女性にとって、毎日の”デトックスケア“は重要であることが分かります。

次に、顔の不要なものに対するケアについて調査しました。顔のむくみケアを行う頻度について質問したところ、「毎日」行っている人は1割程度しか居ないという結果に(11.9%)。さらに、具体的に実践しているケアについて質問したところ、むくみケアとして重要な“デトックスを意識したスキンケア”を行っている女性はわずか1割(11.6%)ほどにとどまることが明らかになりました。毎日肌の“デトックスケア”を行う重要性について、まだ多くの女性の理解は十分ではないことが伺えます。



さらに、夏は紫外線によるダメージが大きく、特に肌に“不要なもの”が溜まりやすいシーズンであるといえます。しかし7割以上の女性は、「夏は特に肌に“不要なもの”が溜まりやすいことを知らない」(70.5%)という事実が明らかになりました。

これに対して、IPSA研究員の加治屋健太朗氏は「ここ10年、夏場の紫外線量は年々増加傾向にあります。紫外線に当たる機会の多い夏場は特に、毎日のデトックスケアを念入りに行うことで、むくみや肌荒れに悩まされない肌を目指せます」と、夏の肌の“デトックスケア”の重要性について解説しています。それだけに、夏の肌のためにも“デトックスケア”を習慣づけてはいかがでしょうか?

【関連リンク】
イプサのデトックス研究
EntamePlex

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ