Amebaニュース

Mattの美声に騒然「歌うますぎ」「どこからCG?」

6月28日(日) 16:30

提供:
テレビ&ビデオエンターテインメント「ABEMA(アベマ)」は、新機能「PayPerView(ペイパービュー)」を使い、CG世界のバーチャルステージライブ会場にて開催される、史上初のCGとREALを掛け合わせたフルバーチャル空間でのファッションショー&ライブイベント「Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward」を、6月27日に独占生配信した。

このたび、「ABEMA」で独占生配信された「Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward」は、新型コロナウイルス感染拡大の影響でアパレルやエンタメ業界が大きく影響を受けているなか、ファッションと音楽の力で世の中を少しでも明るく照らしたいという願いのもと、「GirlsAward」と「ABEMA」がタッグを組み、史上初のフルバーチャル空間でお届けしたファッションショー&ライブイベント。

ピンク色のスポットライトが煌めき、暗闇に包まれた客席に美しい虹色のサイリウムが浮かび上がるなか、華々しく幕を開けた史上初のフルバーチャル空間でのファッションショー&ライブイベント「Tokyo Virtual Runway Live by GirlsAward」。ティーン女子から絶大な人気を誇る”にこるん”こと藤田ニコルがトップバッターで登場し、その後も池田美優や八木アリサ、トリンドル玲奈ら豪華モデル陣が、フル3DCGによって作り上げられた世界に一つだけの特別な“ランウェイステージ”に続々と現れた。

さらに、本ステージには“坂道シリーズ”が一挙に集結。アイドルグループ・乃木坂46の齋藤飛鳥と松村沙友理はそれぞれ大きな花束を抱えて登場しながら大輪の笑顔を咲かせ、与田祐希は劇的イメチェンしたばかりのショートカット姿で華やかにステージを彩った。そのほか、アイドルグループ・欅坂46より小林由依、土生瑞穂、アイドルグループ・日向坂46より加藤史帆、佐々木美玲などが総勢9名の“坂道シリーズ”メンバーが“美の競演”を果たした。

その後も、新川優愛、マギー、剛力彩芽など様々な分野で活躍するトップモデルたちが一堂に会し、視聴者からは「出演者メンバーが神すぎる」「画面越しにも伝わる美しさに興奮しっぱなし」「最新鋭の技術と大好きなモデルのコラボに目が釘付け」など多くの熱狂が届きました。

また、3DCG空間のバーチャルステージライブ会場では人気アーティストによるライブパフォーマンスも生披露された。グローバルボーイズグループJO1(ジェイオーワン)はデビューシングル曲『無限大(INFINITY)』や『La Pa Pa Pam』『Running』の計3曲を圧巻の歌と踊りと共にパワフルに披露。モデルでアーティストの鈴木愛理さんは白のノースリーブに美脚が際立つミニスカートの衣装で登場し、『Let The Show Begin』『Break it down』『Moment』の計3曲を時にセクシーに且つエレガントに、様々な魅力を振りまきながら歌い上げた。

さらに、モデルでミュージシャンのMattは自身が作詞作曲した『予想もつかないStory』を伸びやかな歌声で歌唱。あまりの“美声”と類まれなる美貌に視聴者からは「歌うますぎる」「声もスタイルも美しすぎてどこからがCG?」「CGと現実の境目がどこかわからなくなるくらい素晴らしステージだった」など絶賛の声が相次いだ。

今回のステージでは、“シークレットゲスト”として、「ノリツッコまない漫才」で人気を博すお笑いコンビ・ぺこぱの松陰寺太勇とシュウペイがサプライズ登場。「もともと渋谷系のギャル男だったので、ランウェイにずっと憧れていた」と話すシュウペイと、相方の松陰寺にとって今回がファッションショーへの出演初めてで、“念願のランウェイデビュー”となった。



この日は、トレードマークのスーツスタイルではなく、“私服風のファッション”で登場。ステージの雰囲気をガラリと変えるコミカルな動きやお決まりの“シュウペイポーズ”を繰り出しながら現れ、視聴者の笑いを誘った。

シュウペイは「僕は普段から衣装で“蝶ネクタイ”をつけているので、そこがシュウペイが残っている感じ。私服みたいな感じでも蝶ネクタイをつけていれば自分を見失わないかなって。ほんとかわいらしいです」、松陰寺は「僕は本当にファッショの知識が皆無なので、こういう服を着るの初めてですよ。紫はマイカラーです。どうもありがとう」とそれぞれファッションポイントを明かしていた。

また、お笑いコンビ・南海キャンディーズの山里亮太とフリーアナウンサーの宇垣美里がそれぞれMCとして初タッグを組み、イベントを盛り上げた。間近で前代未聞のステージを見守った山里は、史上初の“フルバーチャルファッションショー”に「これぞ近未来のエンターテインメント!」と大興奮の声を挙げた。イベントのラストには、山里の「楽しい時間はあっという間ですね。それでは現実に戻りましょう」という掛け声と共に、CG加工が外され、クロマキー合成用のグリーン一色のスタジオがお目見えした。あまりの対比に、視聴者からは「魔法みたい」「技術の高さに驚き!」「この中で最高のパフォーマンスを見せてくれた出演者に改めて感動!本当にありがとう」など感嘆の声があがっていた。

©Tokyo Virtual Runway Live
©AbemaTV,Inc.

【関連リンク】
Matt&ジェジュン、“Matt化”した2ショット公開に反響 Matt、うっとり&美声!話題を呼んだMV公開 E-girls&EXITが今話題の“Matt化”
EntamePlex

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ