Amebaニュース

漫画『キン肉マン』休載 「何もしない」が最大の友情 スタッフ・家族に配慮し3密避ける

4月13日(月) 21:20

 漫画家ユニット・ゆでたまご(原作・嶋田隆司、作画・中井義則)の2人が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、ニュースサイト「週プレNEWS」で連載中の人気漫画『キン肉マン』の休載を発表した。

【写真】『キン肉マン』作者・ゆでたまごのコメント全文

 同氏は「我々の漫画原稿は原稿用紙に直接執筆するスタイルなのでスタジオに大勢のアシスタントを集めて、毎週数日、長時間にわたり籠って、作画担当の中井を中心に指示をやり取りしながら作業を進めていく形を今も続けています。それがいわゆる“3密”すべてに当てはまるのではないか」と説明。

 続けて「作画アシスタントをはじめとする我々のスタッフの中には、御高齢の家族と同居している者もたくさんいます。日々の通勤により、彼らスタッフとその家族すべてに感染のリスクを負わせるのは忍びないという思いもあります」と、スタッフや家族への配慮から今回の休載に至った経緯を明かした。

 また「私たちは漫画を通して“友情パワー”ということをずっと伝えてきましたが、じゃあこういう時に何ができるか、何をすべきかということをふたりで考えた上で、緊急事態宣言が発令された今だからこそ、あえて『何もしない友情』というのもあるんじゃないかと。今は日本のみならず世界の人が不要不急の外出を避ける。『何もしない』という行為を率先してやるのが最大の友情ではないかと考えました」と思いを語り、「みんなの友情パワーでウイルスなんてぶっとばせ! へのつっぱりはいらんですよ!」とコメントした。

 漫画『キン肉マン』の連載は、現時点で5月18日から再開予定。休載期間中は毎週月曜日にこれまでの読切作品などを無料で掲載する。

■関連記事
【写真】『キン肉マン』フォトギャラリー
【写真】漫画『鬼滅の刃』20巻5.13発売 特装版の特典ポストカードデザイン16種全公開
『スラムダンク』新イラスト集が4.3発売 描き下ろし含め130点超を全点初収録
集英社「週刊少年ジャンプ」の発売を延期 社員に新型コロナウイルス感染の疑い
『100日後に死ぬワニ』きくちゆうき描き下ろし作品&制作映像公開決定 ワニ展延期を受け
クランクイン!

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ