Amebaニュース

松雪泰子、黒木華に癒やされ「本当に天使でした」

3月24日(火) 15:00

 女優の松雪泰子が24日、都内で行われた主演映画『甘いお酒でうがい』大ヒット祈願イベントに共演の黒木華、清水尋也と共に出席。松雪が黒木を「本当に天使でした」と絶賛した。

【写真】ショートヘアの黒木華、春らしい色のワンピースで登場

 本作はお笑い芸人シソンヌ・じろうによる、40代独身女性が日記につづった517日間の日常を描いた同名小説を映画化。じろうが長年コントで演じてきたキャラクターでもある40代独身女性の川嶋佳子を松雪、佳子の同僚・若林ちゃん役を黒木、川嶋と恋に落ちるふた回り年下の岡本くん役を清水が演じる。

 オファーがきたとき、本当にうれしかったという松雪は、同作について「すごくじろうさんの言葉が美しくて。詩的でユーモアがあって、かわいらしくて。優しい気持ちになります」とほほ笑んだ。自身と佳子の共通点については、“物を大切にする”ところだといい「物に話しかけたり、掃除するときも『ありがとう』って言いながら掃除したりとかしちゃうタイプなんですけど、そういうところは共感できます」と明かした。また、黒木も、松雪と佳子の共通点はたくさんあることに触れ「意外とおちゃめですよね。一緒に遊んでくれたりとか」とにっこり。それを聞いた松雪は照れくさそうに笑っていた。

 原作を知っていたという黒木は、演じる上で意識したことを「佳子さんと松雪さんを笑わせられたらいいなと思って。私の邪気が見えないように(笑)」と告白。それを聞いた松雪は「本当に天使でした」と笑顔をみせ、「華ちゃんは良い意味ですごく強くて美しい。華ちゃんが持っているピュアなかわいいところが、若林ちゃんにすごくピッタリ。癒やしでしかない」と大絶賛していた。

 松雪演じる佳子のふた回り年下で、恋に落ちる岡本くん役を演じる清水は「相手が松雪さんだって聞いたときに緊張が走りました」と振り返り、続けて「光栄なことなんですけど、マネージャーさんに『松雪泰子さんっておっしゃいました?』って」と確認したほどだという。松雪は「ふた回り離れてますもんね」と声をかけると、清水は「いやいや! 恋愛に年齢は関係ないですよ!」と力強くコメントしていた。

 映画『甘いお酒でうがい』は4月10日より全国公開。

■関連記事
【写真】清水尋也が松雪泰子を抱き寄せ…『甘いお酒でうがい』場面写真
【写真】黒木華、黒のドレス姿が美しい「東京ドラマアウォード2019」授賞式<フォト集>
松雪泰子×黒木華『甘いお酒でうがい』、3時のヒロインがナレーションの予告3パターン公開
松雪泰子主演『甘いお酒でうがい』公開決定 共演に黒木華&清水尋也
松雪泰子、“完璧主義”の自分から変わったきっかけとは?
クランクイン!

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ