Amebaニュース

東出昌大、杏と唐田えりかのどちらが好きに答えず「妻を傷つける」 唐田との別離も報告

3月17日(火) 14:14

提供:
 女優・杏(33)の夫で、俳優の東出昌大(32)が17日、都内で行われた映画『三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実』(20日公開)の直前トークイベントに参加。女優・唐田えりか(22)との不倫や杏との別居を報じられて以来、初めて公の場に姿をみせ、イベント終了後には報道陣の取材にも応じ、一連の騒動を謝罪した。

【写真】東出昌大の左手薬指には指輪なし 時折笑顔も

 100人を超える報道陣を前に東出は「この度は、お仕事の関係者に多大なるご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした」と深々と一礼して謝罪。「最も謝罪しなければいけないのは、妻に対してだと思っています」と語り「毎日、妻に対して、子どもに対して申し訳ない気持ちがある。妻を傷つけてしまい申し訳ない」と心境を吐露した。

 リポーターから杏と唐田のどちらが好きか問われると13秒の沈黙。そして「申し訳ございませんが、お相手のこともあるので。また、私の心のうちを今、ここでしゃべることは、妻を傷つけることになると思いますので。申し訳ございませんが」と明確な答えは言わなかった。

 唐田と会わないと杏と約束したあとも関係を続けたという報道があった。これについては「自分のことしか考えていなかった」と認め、謝罪した。ただ、唐田と別れたのかについての質問には「はい」と短く別離したことを明かした。

 杏と東出はNHKの連続テレビ小説『ごちそうさん』(2013年9月~14年3月)での共演を機に交際をスタートさせ、15年の元日に結婚。翌16年には双子の女児、17年には男児が誕生している。

 同作は1969年5月13日に東京大学駒場キャンパス900番教室で行われた作家三島由紀夫と、東大全共闘との伝説の討論会の様子を軸に、三島由紀夫の生き様を映したドキュメンタリー。高精細映像にリストアし、当時の関係者や現代の文学者、ジャーナリストなどの識者ほか、三島についての「生きた」証言を集め、1969年と約半世紀後の現代を結ぶ作品となっている。

 東出は三島が書き上げた日に生涯を閉じた“最後の”長編小説『豊饒の海』の舞台にも出演し、多くの三島作品を読破されていることから、製作陣よりナレーターにオファーされた。

 囲み取材前に行われたイベントで東出は「ナレーションを担当しました東出昌大と申します。本日はよろしくお願いします」と、少しかたい表情であいさつし深々と一礼。その後、豊島圭介監督の「東大で会ったのはアントニオ猪木だけ。『PKO反対』って。『元気ですか』とは言われなかった」というトークには笑い、時おり笑顔も見せる和やかなムードでイベントは進行した。


【関連記事】
【写真】ドキッ!唐田えりか、東出昌大に急接近
東出昌大、子どもとはビデオ通話「別居してからは会えていません」
杏「ゆっくり考えていきたい」 夫・東出の不倫騒動に初言及で謝罪 過激報道自粛の呼びかけも
東出昌大、家族の「幸せ奪った」 不倫騒動で「一生消えない傷を負わせてしまった」
【写真】報道陣に囲まれ…深く頭を下げる東出昌大
ORICON NEWS

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ