Amebaニュース

コペック、迫力サウンドを手軽に持ち運べるスピーカーAudioengine 512を発売

10月11日(金) 13:56

提供:
株式会社コペックジャパンは10月11日、ポータブルBluetoothスピーカー「Audioengine 512」を発売した。コンパクトサイズだが、原音に忠実な再現をするHiFiサウンドを実現。直販サイト「SUPER KOPEK」にて、21,890円(税込)で販売する。 「Audioengine 512」は、迫力あるサウンドで音楽を再生するコンパクトスピーカー。専用設計のフルレンジトランスデューサーとパッシブラジエーターを搭載しており、AudioengineならではのHiFiオーディオを実現した。Bluetooth5.0を搭載しており、3.5mmステレオミニジャックでの接続も可能だ。ワイヤレスレンジはアウトドアで最大30m、室内では平均約10mとなっている。 「Audioengine 512」のサイズは7.6×19.7×7.6cmで、重量は685g。カラーバリエーションは2種類で、ブラック、グリーン、を取り扱う。リチウムイオンバッテリー内蔵で、最大12時間の連続再生が可能だ。 製品ページ:https://kopek.jp/products/audioengine512/

株式会社コペックジャパン
URL:http://www.kopekjapan.co.jp/
価格:21,890円(税込)
2019/10/11
 
■関連記事
天国のお寿司好きへ!カメヤマのお供えギフト「寿司づくしキャンドルギフトセット」発売 (2019.10.11)
バッファロー、全ポート2.5GbE対応の5ポートスイッチングハブを発売 (2019.10.11)
グリーンハウス、北欧風の幾何学模様が描かれたスティック型USB加湿器を発売 (2019.10.10)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ