Amebaニュース

『ブラッククローバー』新OPにEMPiRE、EDは安斉かれんに決定!

9月30日(月) 12:00

『週刊少年ジャンプ』にて連載中の田畠裕基による漫画を原作としたアニメ『ブラッククローバー』の新OPテーマとEDテーマを担当するアーティストが決定した。2019年10月の放送より3年目に突入する本作をさらに盛り上げる。

『ブラッククローバー』は魔法がすべての世界で、魔法が使えない少年アスタとライバルのユノが、魔道士の頂点”魔法帝”を目指す、冒険と成長を描いた創成魔法ファンタジー。
2017年にアニメ化されて以来、 ド迫力の魔法バトルシーンや個性的なキャラクターたちが繰り広げる群像劇、そして少年アニメの王道として注目をされ、9月10日(火)に迎えた第100話は迫力あるバトルシーンが話題を呼んだ。

そんな本作の新OPテーマを彩るのは、本作EDテーマ(2018年4月〜6月)『Black to the dreamlight』も担当したEMPiRE。
2019年2月にTVアニメ『FAIRY TAIL』ファイナルシリーズ第2クールEDテーマにもなった1st シングル『ピアス』をリリースし、7月に2ndシングル、そして10月16日(水)には本作の新OPテーマとなる『RiGHT NOW』と立て続けにリリースが決定している。

メンバーのNOW EMPiRE「『RiGHT NOW』は、屈しない力強い歌詞でデーモニッシュな曲調となっている。冒頭部分は悪魔のささやき声をイメージしているので、是非そこにも注目してお 聞きください」と、『ブラッククローバー』の世界観に寄り添った楽曲の聴きどころを語った。

そして新EDテーマ『人生は戦場だ』を担当するのは令和元日に『世界の全て敵に感じて孤独さえ愛していた』でデビューし た安斉かれん。 「ポス(ポストミレニアル)ギャル」と呼ばれる次世代型ギャルとして、コスメティックブランド「M・ A・C」の店頭コレクションビジュアルに選ばれるなど、幅広く活躍している。

安斉は、「いつも私に勇気をくれる大好きな作品のエンディング曲を歌わせて頂き、光栄です。今回の楽曲は、逆境に立ち向かう辛さや勇気を綴った、まるで、アスタそのもののような歌なので、物語に添えて流れた時に何か伝わることがあれば、嬉しいです」と本作のEDテーマを担当できる喜びを語った。

10月1日(火)放送の第103話「因果解放」では、主人公アスタとライバルのユノが故郷のハー ジ村を守るため敵に立ち向かう展開に。
10月より3年目に突入するアニメ『ブラッククローバー』。新OP&EDで、物語にさらに拍車がかかり、盛り上がっていくことだろう。

(C)田畠裕基/集英社・テレビ東京・ブラッククローバー製作委員会
【関連記事】
・『鬼滅の刃』無限列車編の劇場版制作が決定! 特報映像では煉獄杏寿郎の勇姿が!
・『ガルパン 最終章』4D版の上映記念舞台挨拶が開催決定! 来場者特典の配布も
・ジオウとゼロワンの運命が交差する! 『仮面ライダー』冬の新作映画ティザービジュアルが解禁!
・『ぼく勉!』音楽ユニット『Study』リリースイベント開催決定!
・テーマは夜のお出かけ♪ 全国6都市にて『セーラームーンカフェ2019』開催!
アニメージュプラス

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ