Amebaニュース

ネクストシステム、カメラ1つで人間の骨格を3D解析するAI骨格検出システムを発売

9月9日(月) 20:10

提供:
VisionPose Single3D 株式会社ネクストシステムは、Webカメラで人間の骨格を検出するシステム「VisionPose」シリーズの新製品として、カメラ1つで人間の骨格を検出する「VisionPose Single3D SDK」のWindows(Unity)を発売した。iOS(Swift)版も近日公開する予定だ。 同シリーズの別製品「VisionPose(Standard)」はカメラ2つを利用して3D骨格検出するのに対して、今回発売する「Single3D」はカメラ1つで人間の骨格を3D検出することができる。3D骨格座標の取得のほか、2Dでの骨格座標の取得にも対応しており、測定可能な関節の部位は3Dの場合で17カ所、2Dの場合で30カ所となる。

購入後にすぐ利用できるサンプルアプリとして、骨格可視化アプリ「BodyAndColor with MICHICO」と、手持ちの動画や静止画から3D座標での骨格検出が可能な解析ツール「VP Analyzer for Single3D」を同梱している。 株式会社ネクストシステム
価格:39万8000円(税抜)
URL:https://www.next-system.com/ad/visionpose-single3d/motion-capture
2019/09/09
■関連記事
テクノベインズ、不正アクセスを防止できるロック機構付きUSBプロテクトキャップを発売 (2019.9.2)
コーレル、Mac用ディスク作成ソフト「Roxio Toast 18」を発売 (2019.9.2)
アクロニス、個人ユーザー向けバックアップソフト「Acronis True Image 2020」を発売 (2019.8.22)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ