Amebaニュース

新たなライフスタイルを生み出した元祖理系ヒーローが現代に蘇る『マクガイバー』

7月12日(金) 10:00

「マクガイバーする」という動詞が生まれるほど、本国アメリカのみならず日本でも大ヒットした往年の人気シリーズ『冒険野郎マクガイバー』を現代にリブートさせた『マクガイバー』。映画『ワイルド・スピード SKY MISSION』と人気犯罪捜査ドラマ『HAWAII FIVE-0』の製作陣が手掛ける本作のシーズン2が、7月24日(水)よりDVD-BOXが発売となる。そんな最新作の痛快スパイ・アクションドラマの原点とは? 海外ドラマ評論家・池田敏さんが徹底解説する。

全米大ヒットドラマ『マクガイバー』は、1985年から1992年にわたり全7シーズンが作られた伝説のドラマ『冒険野郎マクガイバー』のリブート版だ。『冒険野郎マクガイバー』は当時、従来になかったアドベンチャードラマとして、大勢のファンの人生観まで変えてしまった。『冒険野郎マクガイバー』の主人公マクガイバー(後に主演した『スターゲイト SG-1』も全10シーズン続く大ヒット作となったリチャード・ディーン・アンダーソン)はシーズン2以降、"フェニックス財団"に所属し、困難な任務に挑み続けたスーパーエージェント。



マクガイバーがそれまでのアクションヒーロー像と異なったのは"銃を使わない"こと、そして言い方は悪いかもしれないが、"そこらへんにあるものから武器を作る"こと。後者で有名なのは、硫酸の流出をチョコレートで中和させて止めた名場面。新聞紙を丸めて望遠鏡を作るなど、すごいことなのにさらっとやってのけるのがマクガイバーだった。

医師など、TVドラマの世界では少なからず理系ヒーローがいたが、"インディ・ジョーンズ"のような行動派なのに理系というのはマクガイバーが史上初だろう。面白いのはマクガイバーの科学知識が正確かどうかという議論が盛り上がったのは番組終了後よりも後、インターネットが普及してから。2001年秋の同時多発テロ事件以降、米国のドラマでは科学捜査官やハッカーなどの理系キャラが活躍中だが、元祖はこの『冒険野郎マクガイバー』だ。

そんなマクガイバーが銃の代わりに愛用するのが"スイス・アーミーナイフ"。小さいが、ナイフのみならずドライバー、缶切りなどをコンパクトにまとめたもので、日本では"十徳ナイフ"なんて呼ぶことも。どこにでもありそうな日用品や機械を、危機突破の道具に作り変えてしまうのがマクガイバーのすごいところで、ダクトテープの重視もお約束だ。



そんなマクガイバーとその生き様は、ファンにとっては単なるヒーロー像にとどまることなく、新たなライフスタイルの提案だった。そしてファンはそれを"マクガイバリズム"と呼んだ。組織のルールに縛られない個人が、自身の能力を最大限に活かして苦境を突破していく、それこそが"マクガイバリズム"。そんなマクガイバーがもうひとつユニークだったのは、けっこう行き当たりばったりだったこと。緻密なプランに頼らずとも、目の前の難題をひとつずつきちんとクリアしていけばいい。それも"マクガイバリズム"だ。

このリブート版『マクガイバー』は、先がけて往年のヒットドラマ『ハワイ5‐O』を『HAWAII FIVE-0』としてリブートするのに成功した名手ピーター・M・レンコフが舵を取り、マクガイバー個人の活躍だけでなく彼のチームプレイも重視するなど、原点の『冒険野郎マクガイバー』と少々異なるが、21世紀の痛快ドラマとしてきちんと時代の最先端にシンクロ。時を経て、今なおまだ健在な"マクガイバリズム"の再出発に、旧作ファンも注目してほしい。



■『マクガイバー』シーズン2 商品情報
【セル】
DVD-BOX PART 1(9,800円+税)...7月24日(水)発売
DVD-BOX PART 2(9,800円+税)...8月7日(水)発売
【レンタル】
DVD Vol.1~6...レンタル中
DVD Vol.7~12...8月7日(水)レンタル開始
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
公式サイトはこちら

Photo:『マクガイバー』シーズン2
TM & (c) 2019 CBS Studios Inc. CBS and related logos are trademarks of CBS Broadcasting Inc. All Rights Reserved.



海外ドラマNAVI

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

おすすめの記事

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ