Amebaニュース

小林よしひさインタビュー だいすけお兄さんとは“兄弟”のような関係「ずっと一緒にいた」

6月13日(木) 13:57

NHKの教育番組『おかあさんといっしょ』の11代目「たいそうのお兄さん」として活躍し“よしお兄さん”の愛称で親しまれた小林よしひさが、今年4月にアメブロを開始。 初回記事から16,000件以上“いいね”がつくなど、瞬く間に人気ブロガーとなった。そんな小林に、ブログと今後の活動について話を聞いた。

ーー4月にブログを開始して、アメーバの新人賞ともいえるBest Rookie賞を受賞しましたね。今とても注目されているブログですが、始めたきっかけは何でしょうか。

たいそうのお兄さんをしていたときは、SNSをしていませんでした。プライベートの話をする機会もないので“自分の言葉”を発言することがほとんどありませんでしたね。SNSに触れることがないまま14年間過ごして、卒業したのを機に“自分の言葉”を発信したいという意欲があり、始めてみることにしました。

ーーブログを始めてみていかがですか?

楽しいというか、今までは一方的に番組を通して発信するばかりだったのが、自分が思ったことを自分の言葉で発信するとすぐに答えが返ってくるので、こんなにすごいことはないなと思いました。
子どもと接することは多いのですが、自分で子育てすることは初めてなので、分からないことをブログで質問をすると、ママ・パパの先輩やファンのみなさんがたくさん答えていただけることが嬉しいですね。

ーー写真もたくさん載せていますが、こだわりはありますか。

もともと自撮りはあまりしたことがなかったです。携帯電話もそういう時期を過ぎた年齢に持ち始めたので。逆に今は自分をちゃんと撮るようにしようと思い始めていますが、自撮りで笑顔をつくるのは難しいですね。妻に「この顔で良い?」と聞くと「もっと明るい顔しなさい」って言われたり(笑)


写真:山口真由子

ーーブログでも発表していましたが、8月に横山だいすけさん(だいすけお兄さん)とライブを行うそうですね。

はい。まだ詳しいことは決まっていないのですが、ファミリー向けに行うライブで、フェスのようなライブになる予定です。子ども向けにとどまらず、大人も一緒に楽しんで盛り上がるようなライブにしたいです。

ーー9年間番組を共にした横山さんと共演されますが、横山さんとはどのような関係でしょうか。

家族よりも一緒にいる時間が長かったので、兄弟や親友、そのくらい一歩踏み込んだ近い存在ですね。
よくお互いの家を行き来していましたし、毎日会っているのに長期のお休みでも一緒に旅行に行ったり、別の人と会えば良いのにずっと一緒にいたり(笑)

ーー仲良しですね。初めて会った時の印象はどうでしたか。

うたのお兄さんとして出来上がっていましたね。最初から歌唱力もありましたし、爽やかなイメージのまま今もずっと変わらない。素晴らしい人です。

ーー今後はどのような活動をする予定でしょうか。

まだ模索している最中ですが、テレビでのタレント活動や、体操の指導、子どもたちと関わることも続けていきたいです。あとは声が独特だと言われることが多いので、声のお仕事も挑戦してみたいですね。


【関連記事】
小林よしひさオフィシャルブログ
池間夏海、思いのままに書けるから自分らしくなれる
戸塚純貴、出演作に対する思いをブログに書き続けたい
市川海老蔵、ブログは未来の読者に届ける「資料」でもある
岡田結実、文章と写真の両方を楽しんでもらえるブログに
アメーバニュース/エンタメ

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ