Amebaニュース

小学生が将来なりたい職業、6年ぶりに1位となったのは…

4月22日(月) 11:16

提供:
 日本FP協会は2019年4月19日、2018年小学生の「将来なりたい職業」ランキングを発表した。1位に選ばれたのは、男子が「野球選手・監督」、女子が「パティシエール」。いずれも前年2位からランクアップし、2012年以来6年ぶりの1位となった。

 小学生の「将来なりたい職業」ランキングは、日本FP協会が毎年実施している「小学生『夢をかなえる』作文コンクール」の応募作品に描かれた将来の夢(なりたい職業)を集計したもの。2018年の作文コンクール応募作品は2,469点あり、その中に描かれた「将来なりたい職業」は男子196種類、女子222種類あった。

 男子は、前年2位の「野球選手・監督など」が112票を獲得して1位にランクアップ。前年1位の「サッカー選手・監督など」は106票で2位となったが、1位と2位に200票以上が集まり、野球とサッカー人気を反映した結果となった。3位・4位・6位は前年と変わらず、3位「医師」77票、4位「ゲーム制作関連」54票、6位「ユーチューバー」35票。5位は38票で、前年12位の「会社員・事務員」が浮上した。

 女子も前年から1位と2位の順位が入れ替わり、1位「パティシエール」85票、2位「看護師」82票となった。1位に「パティシエール」が選ばれるのは、男子1位「野球選手・監督など」とともに、2012年以来6年ぶり。3位は「医師」80票、4位は「保育士」75票、5位には前年9位の「教師」が53票で入った。トップ10のうち、2位「看護師」、3位「医師」、6位「薬剤師」、7位「獣医」、10位「助産師」と、医薬系の職業が半数を占めた。

 日本FP協会のWebサイトでは、すべての希望職業を網羅した詳細な集計結果、過去12年分のランキングなども公開している。

◆2018年小学生の「将来なりたい職業」ランキング
<男子>
1位:野球選手・監督など
2位:サッカー選手・監督など
3位:医師
4位:ゲーム制作関連
5位:会社員・事務員
6位:ユーチューバー
7位:建築士
7位:教師
9位:バスケットボール選手・コーチ
10位:科学者・研究者

<女子>
1位:パティシエール
2位:看護師
3位:医師
4位:保育士
5位:教師
6位:薬剤師
7位:獣医
8位:ファッションデザイナー
9位:美容師
10位:助産師

【関連写真】小学生が将来なりたい職業、6年ぶりに1位となったのは…

■関連記事
小1が将来就きたい職業、1位は21年連続
小中学生が将来就きたい仕事、1位は男女とも初
大谷翔平、羽生善治ら豪華インタビュー満載…300種以上のお仕事図鑑発売
会社選択、子ども自身が「知名度」よりも10倍重視することは?
リセマム

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ