Amebaニュース

NBA公式戦が16年ぶり日本開催 ラプターズ対ロケッツのプレシーズンゲーム2試合

3月5日(火) 11:00

提供:
 楽天とNBA(米プロバスケットボール協会)は5日、都内で会見を開き、今秋に日本で公式戦『NBA Japan Games 2019』を行うことを発表。NBAの公式戦が日本で行われるのは2003年以来となる。

【写真】握手を交わす楽天の三木谷社長&NBAコミッショナーのアダム・シルバー氏

 10月8日、10日にさいたまスーパーアリーナで開催されるのはトロント・ラプターズ対ヒューストン・ロケッツのプレシーズンゲーム2試合。NBAは1990年から2003年の間に「東京体育館」「横浜アリーナ」「東京ドーム」「さいたまスーパーアリーナ」でレギュラーシーズンゲームを合計12試合実施している。1990年11月2日に東京ドームで行ったフェニックス・サンズとユタ・ジャズの試合はアメリカのメジャースポーツリーグの試合が北米以外で実施された初のレギュラーシーズンゲームでもあった。

 NBAコミッショナーのアダム・シルバー氏は「日本におけるNBAプレシーズンゲームの開催は、世界有数の経済大国の1つであり、スポーツ文化も盛んな同国におけるバスケットボールの人気を加速することでしょう。NBAは日本で長い歴史を持ち、ファン層も拡大しています。本物のNBAライブゲーム体験を日本のファンのみなさんにお届けし、日本における歴史に新たな1ページを加えられることを大変、うれしく思います」とコメント。

 ラプターズのマサイ・ウジリ社長は「NBA、カナダ、そしてトロントを代表して10月に東京を訪れることを誇りに思います。バスケットボールがグローバルなスポーツであることを、私達の活動を通じて知っていただけるものと思います。ラプターズのメンバーは世界中から集まってきており、スポーツを愛する心で、みんなが繋がっています。日本のバスケットボールファンのみなさまとも、そのこころを共有できることを楽しみに思っています」と開催を心待ちにしていた。

 また、ロケッツのタッド・ブラウンCEOは「ヒューストン・ロケッツは長いこと待ち望まれていた日本を再訪するチームにNBAを代表して選ばれたことを光栄に思います。私たちの組織は世界中のファンをとても大切にしており、ゲームを国際的なものへと拡大させようというNBAの努力を評価しています。今年の秋に東京でファンのみなさんにお会いすることを楽しみにしています」と東京で試合をすることの意義を語った。

 主催する楽天の三木谷浩史社長は「NBAのすさまじい盛り上がりを日本のみなさまに」と呼びかけた。

 ロケッツには2017-18シーズンMVPを獲得したジェームス・ハーデン選手をはじめ、オールスターゲームに9度選出されているクリス・ポール選手、2017年のNBAシックスマン賞を受賞したエリック・ゴードン選手が所属。一方、ラプターズには2014年NBAファイナルでMVPに輝いたカワイ・レナード選手や、カイル・ラウリー選手、マルク・ガソル選手が所属している。

 バスケットといえば、先月25日には男子日本代表がFIBAワールドカップアジア地区2次予選の最終戦でカタールに勝利し、8月31日から中国で行われるワールドカップ本戦に13年ぶりに出場することが決定。国内でのバスケット人気に再び火がついている。


【関連記事】
【画像】『スラダン』“新装再編版”の第1~6巻書影公開 流川やゴリなど人気キャラがズラリ
【写真】スラダン桜木花道の声優・草尾毅と斉藤佑圭が結婚
広瀬アリス、バスケ田中大貴選手と交際順調?「ご想像におまかせします」
元NMB48岸野里香、Bリーグ名古屋・中東泰斗選手と結婚&妊娠を発表 バンドは解散
バスケ日本代表選手2人『WINTER CUP』の思い出が漫画化 『サンデーうぇぶり』で公開
ORICON NEWS

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ