Amebaニュース

いよいよ今週末開催! 東京マラソン2019

2月28日(木) 17:00

今週末の3月3日に開催が予定されている東京マラソン2019(以下、東京マラソン)。参加人数が3万人をゆうに超える大規模な市民マラソンで、今年は過去最大となる3万8,000人の参加が予定されています。
今回は、そんな東京マラソンについて検証してみました。
「東京マラソン」の検索数急上昇はやはり開催週? まずはdメニュー検索結果から、東京マラソンに関連した検索数の推移を週別で見てみましょう。検索期間は、昨年の東京マラソン2018が開催された2月25日を含む2017年7月31日~2018年2月26日です。


グラフを見ていくと、開催日1週間前となる2月18日の週から検索数が上昇し始めています。
こちらは2月18日に特番『東京マラソン2018 号砲直前SP』(フジテレビ系)が放送されたり、各ニュースメディアで直前情報が流れたりと大々的に報道されたことで、検索数が上昇したようです。
検索ピークは、開催日の2月25日を含む2月19日の週でした。開催当日はレース結果などに注目していた人が多かったことがよく分かりますね。
「東京マラソン」と一緒に調べられていた検索ワードは? 続いて「東京マラソン」と一緒に調べられていた上位10検索ワードをランキング形式で見ていきましょう。検索期間は同じく2017年7月31日~2018年2月26日です。

1位 2018
2位 結果
3位 コース
4位 エントリー
5位 大会
6位 芸能人
7位 交通規制
8位 ボランティア
9位 賞金
10位 抽選結果

上位には「2018」「結果」「コース」が並びました。
日曜開催ということで当日はテレビで中継を見ていた人も多いと思いますが、お出かけをしてレース後に結果だけを検索していた人が多かったようですね。「コース」については、実際に見に行くために調べていた人もいるのではないでしょうか。

東京マラソンといえば、毎年多くの芸能人が参加していることでも有名ですが、6位に「芸能人」が入ったのはこれが理由と考えて間違いないでしょう。
ちなみに、東京マラソン2018にはリオデジャネイロ五輪の男子マラソンにカンボジア代表として出場した猫ひろしや、脳科学者の茂木健一郎が参加していました。
招待選手の中で注目されているのは? ここからは、編集部が注目する東京マラソンの招待選手で、検索数が多かった上位3名の検索数推移を週別で見てみましょう。検索期間は2018年3月5日~2019年2月4日です。


1位は男子マラソン日本記録保持者(2月28日現在)の大迫傑で、検索ピークはシカゴマラソン 2018での快走が報じられた10月8日の週でした。
大会では3位に入賞しましたが、この際の記録が当時の日本記録を更新したことが大きく影響していると見て間違いないでしょう。
ちなみに、記録更新の際には報奨金として日本実業団陸上連合から1億円が贈られています。これもまた、注目を集めた理由の一つではないでしょうか。

残る2名の村山謙太と中村匠吾については、もう少し詳しいグラフで見てみましょう。


2位の村山謙太は、旭化成陸上部に所属する今注目の選手です。今年の元旦に開催された第63回全日本実業団対抗駅伝競走大会(以下、ニューイヤー駅伝)では第5区を任されてチームの3連覇に貢献。検索ピークは、このニューイヤー駅伝の開催日を含む12月31日の週でした。

富士通陸上競技部に所属する3位の中村匠吾は、昨年3月に開催された第73回びわ湖毎日マラソン大会において日本勢トップの7位でゴールし、話題になりましたね。検索ピークも、レース結果が各メディアで報道された3月5日の週でした。
この際に「2時間11分00秒以内で日本人1~3位」という条件を満たしたことで、中村匠吾はマラソングランドチャンピオンシップ(東京五輪マラソン代表の選考大会)への出場権を獲得しました。
2年連続の日本記録更新なるか? 今回は、dメニュー検索から東京マラソンについて検証してみましたが、いかがだったでしょうか?
昨年の設楽悠太に続いて2年連続で日本記録を更新する選手が現れるのか、海外の有力選手がどんな走りを見せてくれるのか、今から楽しみですね!

データ提供:dメニュー検索数集計結果より(期間:2017年7月31日~2019年2月4日)
gooランキング

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ