Amebaニュース

カフェインを気化して「吸うエナジードリンク」が日本上陸、ニコチン・カロリーゼロで安心安全

2月8日(金) 7:48

提供:
吸った煙を吐き出しているイメージ 株式会社イーグルエナジー・ジャパンは、吸引型エナジードリンクEAGLE ENERGY(イーグル・エナジー)の日本総代理店として、日本での販売を開始すると発表した。価格は1個1580円(税込)。 本製品は、カナダの企業が開発した世界初の吸引型エナジードリンク。電子タバコのように筒状になったデバイスにはカフェインなどが含まれた液体カートリッジ、液体を加熱して気化させるアドマイザー、アドマイザーなどを制御するマイクロプロセッサーなどが搭載される。 詳細イメージ詳細イメージ 利用時はタバコ同様、吸い込むと、ガラナエキスや高麗人参などの天然由来の素材から作られたカフェインを吸引することができる。味はエナジードリンク風味だ。

吸引量によって異なるが、おおむね10~20回の吸引でコーヒーまたはエナジードリンク1本と同等の効果が得られるとしている。カフェインの力で、集中して作業したい時、トレーニング時、長時間ドライブ時などが使用シーンとして想定される。

EAGLE ENERGYは1本あたり400回の吸引が可能なので、エナドリ40~20本分が1580円で済むと考えるとかなりコスパの良いアイテムと思える。

吸引する煙には糖質やカロリー、ニコチン、アスパルテームなどの有害物資は含まれていないので、安心して使用することができる。

味はエナジードリンクフレーバー、ライチフレーバー、スーパーミントフレーバーを用意。ECサイト楽天市場店で購入することができる。 EAGLE ENERGY
価格:1個1580円(税込)
URL:https://eagle-energy.jp/
2019/02/08
■関連記事
JVC、新開発のソフトバンドで安定した装着感を実現したBluetoothイヤホンを発売 (2019.2.8)
Razer、薄型ベゼル採用の13.3型ノートPC「Blade Stealth」を発売 (2019.2.8)
マウス、デスクトップ向けCPUを搭載した15.6型ノートPCを発売 (2019.2.7)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ