Amebaニュース

岡田結実、文章と写真の両方を楽しんでもらえるブログに

1月29日(火) 10:43

2018年はバラエティでの活躍に加え、ドラマ出演にも挑んだ岡田結実。女優としての飛躍が期待される彼女がブログを始めたのは、まだ小学生だった2010年。

「当時一緒にテレビ出演していた仲間の間でアメブロが大人気で、『これは私もやらないと!』と思って始めました。きっかけは単純でしたが、ブログを始めたおかげで文章を書くことがどんどん好きになりました」

8年以上も続けているブログは今や日記感覚。日々の何気ない話題もあれば、何時間もかけて仕上げる記事もあるという。

「SNSの中でもブログは長い文章が書けるので、読者の方に詳しく伝えたい話題を選ぶことが多いです。文章の間に写真を何枚も載せられるから、物語がつづられた本のような感覚で、文章と写真の両方を楽しんでもらえるように意識しています」

ブログはマネージャーと共同で更新。自撮りとはまた違ったユニークな写真も多い。

「私がプライベートで出かけたときの写真もあれば、休憩中に仮眠している姿などマネージャーさんしか撮れない写真もあります。自分とは違う視点から切り取られた自分の写真や記事があると、もっと楽しく読んでもらえるんじゃないかなと思っています」

読者から寄せられるコメントからは新たな発見もあるという。

「例えば質問や出演番組の感想をいただいたとき、今の私はどう見られているのかという客観的な視点からの意外な自分に気づかされることがあって、新鮮な気持ちになります。何気なく書いた記事をテレビ制作のスタッフさんが見て番組のネタにしていただいたこともあって、ブログが仕事につながる予想外の展開にもうれしくなりました」

■連続ドラマ初主演に挑戦

1月から連続ドラマ初主演作となる『私のおじさん~WATAOJI~』(テレビ朝日系)が放送中。バラエティ番組制作の現場を舞台にした社会派コメディだ。彼女は過酷な環境で働く新人ADを演じる。

「テレビの裏側で働く人々の話ですが、かなりリアルだなと思います。私も実際に見ているのでわかりますが、テレビ番組をつくるのは本当に大変。その現場での出来事を通して『仕事ってなんだろう』と考えながら楽しめる、前向きな気持ちになれる作品です」

タッグを組むのは、名バイプレイヤーとして名高い遠藤憲一。長身の彼が等身大のままで“妖精のおじさん”にふんし、上司に逆らえない新人ADの不満や思いを代弁するというユニークな設定が見どころだ。

「“妖精のおじさん”が突然出たり消えたりするシーンは、CGで加工しています。でも演技中は目の前に遠藤さんがいて、『消えた!』と驚く必要があるので難しい。というか、ちょっと恥ずかしいです(笑)。これまでに経験がなかった演技なので挑戦ですね。ブログにもそんな舞台裏の話題とか写真を載せられればいいなと思っています」

【関連記事】
「今日も明日もゆい日和」岡田結実オフィシャルブログ
松井玲奈、気持ちをはき出せるブログは心のデトックス
中川大志、ブログは見てくれる方の存在を日々感じられる場所
上白石萌歌、ブログを通じて自分をもっと知ってほしい
大友花恋、悩みを含めて本音が書けるのはブログだけ
アメーバニュース/エンタメ

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ