Amebaニュース

第42回日本アカデミー賞、「万引き家族」「孤狼の血」「北の桜守」が最多12部門で優秀賞

1月15日(火) 15:50

提供:
 第42回日本アカデミー賞は1月15日、正賞15部門各優秀賞および新人俳優賞・正賞外賞を、東京・グランドプリンスホテル新高輪で発表した。

 第71回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で最高賞のパルム・ドールに輝き、先日発表されたLA映画批評家協会賞で外国語映画賞を受賞した「万引き家族」をはじめ、「北の桜守」「孤狼の血」が最多12部門を受賞(「万引き家族」は13賞)。「空飛ぶタイヤ」が9部門、「カメラを止めるな!」が8部門で続いた。

 発表の席には、授賞式の総合司会を務める西田敏行、「彼女がその名を知らない鳥たち」で第41回の最優秀主演女優賞を受賞し、初めて司会に挑む蒼井優が出席した。

 6年連続で総合司会を務める西田は「また、この時期が来たと思うと、いろいろな思いが去来する。どの作品が最優秀賞にふさわしいのか、(受賞の行方を)見届けたい」と余裕の表情。注目する作品を問われると「『孤狼の血』には、ライバルの役所(広司)くんが出ているから、なるべく受賞してほしくない」と笑いを誘い、「万引き家族」については「これだけ褒められた作品ですから、日本アカデミー賞だけは外すこともあるのかな……」と思いをめぐらせた。

 一方、蒼井は「人生初の司会が、日本アカデミー賞という大きな場で緊張しています」と背筋を伸ばし、「去年の私にとって、そうであったように、どなたかにとって忘れられない1日になるはず。皆さんの喜びを感じつつ、楽しんで司会ができれば」と意気込み。「どうしても、(「彼女がその名を知らない鳥たち」の)白石(和彌)監督に肩入れしてしまう」と話していた。

 第42回日本アカデミー賞は、2017年12月16日~18年12月15日に東京地区の商業映画劇場にて有料で初公開され、1日3回以上、2週間以上継続して上映された40分以上の劇場用劇映画及びアニメーション作品が対象。授賞式は3月1日にグランドプリンスホテル新高輪の国際館パミールで行われ、各部門の最優秀賞が発表される。

主な優秀賞受賞リストは、以下の通り。

▽優秀作品賞
「カメラを止めるな!」
「北の桜守」
「孤狼の血」
「空飛ぶタイヤ」
「万引き家族」

▽優秀アニメーション作品賞
「ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー」
「ペンギン・ハイウェイ」
「未来のミライ」
「名探偵コナン ゼロの執行人」
「若おかみは小学生!」

▽優秀監督賞
上田慎一郎 「カメラを止めるな!」
是枝裕和 「万引き家族」
白石和彌 「孤狼の血」
滝田洋二郎 「北の桜守」
本木克英 「空飛ぶタイヤ」

▽優秀主演男優賞
岡田准一 「散り椿」
舘ひろし 「終わった人」
濱津隆之 「カメラを止めるな!」
役所広司 「孤狼の血」
リリー・フランキー 「万引き家族」

▽優秀主演女優賞
安藤サクラ 「万引き家族」
黒木華 「日日是好日」
篠原涼子 「人魚の眠る家」
松岡茉優 「勝手にふるえてろ」
吉永小百合 「北の桜守」

▽優秀助演男優賞
岸部一徳 「北の桜守」
ディーン・フジオカ 「空飛ぶタイヤ」
西島秀俊 「散り椿」
二宮和也 「検察側の罪人」
松坂桃李 「孤狼の血」

▽優秀助演女優賞
樹木希林 「日日是好日」
樹木希林 「万引き家族」
篠原涼子 「北の桜守」
深田恭子 「空飛ぶタイヤ」
真木よう子 「孤狼の血」
松岡茉優 「万引き家族」

▽優秀外国作品賞
「グレイテスト・ショーマン」
「シェイプ・オブ・ウォーター」
「スリー・ビルボード」
「ボヘミアン・ラプソディ」
「ミッション:インポッシブル フォールアウト」

▽新人俳優賞
上白石萌歌 「羊と鋼の森」
趣里 「生きてるだけで、愛。」
平手友梨奈 「響 HIBIKI」
芳根京子 「累 かさね」「散り椿」
伊藤健太郎 「コーヒーが冷めないうちに」
中川大志 「坂道のアポロン」「覚悟はいいかそこの女子。」
成田凌 「スマホを落としただけなのに」「ビブリア古書堂の事件手帖」
吉沢亮 「リバーズ・エッジ」

【作品情報】
ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー

【関連記事】
アカデミー賞外国語映画賞に87カ国が出品 日本代表は「万引き家族」
是枝裕和監督「万引き家族」は「誰か1人に向けて作っている」 取材先の女児との交流明かす
樹木希林さん死去に悲しみと感謝の声続々、是枝裕和監督「見事な人生の締めくくり」
映画.com

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ