Amebaニュース

オバマ前大統領が2018年のお気に入りリスト発表!「万引き家族」の名も

1月9日(水) 14:30

提供:
 バラク・オバマ米前大統領が、自らのFacebookで2018年のお気に入りリストを発表した。

 ポップカルチャーに精通していることで知られるオバマ氏は書籍、映画、音楽と3つのカテゴリーで18年のお気に入りリストを作成。書籍部門では、現在全米でベストセラーとなっている妻ミシェルさんが執筆した「ビカミング(原題)」を筆頭に選び、「もちろん、私のお気に入り!」と記述し、夫婦円満をアピールしている。

 注目の映画部門には計15本を選出。「ブラックパンサー」をはじめ、賞レースを牽引する「ROMA ローマ」、インディペンデント映画の「ザ・ライダー」、ドキュメンタリー映画の「Won't You Be My Neighbor」など幅広い作品を選んでいる。日本映画では、是枝裕和監督の「万引き家族」がランクインしている。

 オバマ氏の18年のお気に入り映画は以下の通り。

「アナイレイション 全滅領域」
「ブラックパンサー」
「ブラック・クランズマン」
「ブラインドスポッティング(原題)」
「バーニング」
「スターリンの葬送狂騒曲」
「Eighth Grade(原題)」
「ビール・ストリートの恋人たち」
「Leave No Trace(原題)」
「Minding The Gap(原題)」
「ザ・ライダー」
「ROMA ローマ」
「万引き家族」
「Support The Girls(原題)」
「Won't You Be My Neighbor」

【作品情報】
ブラック・クランズマン

【関連記事】
アカデミー賞外国語映画賞に87カ国が出品 日本代表は「万引き家族」
リリー・フランキー、是枝裕和監督の“魔法”は「撮影前から始まっている」
「万引き家族」是枝裕和監督、安藤サクラの身に起こった“反射”に心躍らす

(C)2018フジテレビジョン ギャガ AOI Pro.
映画.com

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ