Amebaニュース

神奈川県教委「学力向上シンポジウム」1/18…校内研究がテーマ

1月9日(水) 12:45

提供:
 神奈川県教育委員会は2019年1月18日、教員・保護者・一般を対象に、2018年度「かながわ学力向上シンポジウム」を開催する。「校内研究」や「研究主任」にスポットをあて、基調講演やパネルディスカッションを行う。参加無料。

 「かながわ学力向上シンポジウム」は、児童・生徒の学力向上など、小・中学校教育の充実を図ることを目的として開催されているイベント。2018年度は、「校内研究」やそのキーパーソンである「研究主任」にスポットをあてて実施する。「校内研究についてどう取り組んでいこうか」「他の学校の情報が知りたい」と思っている研究主任や研究推進委員の先生、学校以外のつながりも含めた幅広い視野で総括している管理職の先生、教員とともに子どもの学びを創っている保護者や地域の人などが対象。

 シンポジウムでは、横浜国立大学教育学部教授の池田敏和氏による基調講演「『学びづくり』から『つながりづくり』へ」のほか、小中学校の研究主任を交え、「子どもや先生が元気になるための学びづくり、つながりづくり~校内研究の更なる充実を目指して~」をテーマとしたパネルディスカッションを行う。

 参加無料。一般の参加希望者は事前申込不要。県内公立学校教職員および保護者については、各学校で取りまとめ、所管の教育委員会を通して申し込むこと。

◆2018年度「かながわ学力向上シンポジウム」
日時:2019年1月18日(金)13:30(受付13:00)
会場:神奈川県立総合教育センター(善行庁舎)大講堂(神奈川県藤沢市善行7-1-1)
対象:教員・保護者・一般
参加費:無料
申込方法:一般の参加希望者は事前申込不要。県内公立学校教職員および保護者は各学校で取りまとめ、所管の教育委員会を通して申し込む

【関連写真】神奈川県教委「学力向上シンポジウム」1/18…校内研究がテーマ

■関連記事
アフレル、教職員対象に相談会…テーマはプログラミング授業など
教育現場はブラックな職場?約9割が「子どもの成長に悪影響」と認識
読書量が多いほど学力向上、算数で顕著…小学生の実態調査
ファンタジーキッズリゾート、神奈川・海老名に放課後クラブ開校
リセマム

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ