Amebaニュース

堀ちえみ「ドジでのろまなカメ」はママタレとして芸能界で歩み続けた

12月30日(日) 17:00

提供:
80年代アイドル美女黄金白書

第9回・堀ちえみ

 白石まるみ(1/21)、川島恵(2/21)、中野美紀(3/1)、北原佐和子(3/19)、新井薫子(3/21)、渡辺めぐみ(4/1)、川田あつ子(4/21)、伊藤かずえ(4/21)、真鍋ちえみ(5/1)、伊藤さやか(5/21)、水谷絵津子(5/21)、水野きみこ(5/25)、三井比佐子(6/1)、つちやかおり(6/21)、坂上とし恵(7/21)……。

 これは、1982年の年明けから夏にかけてレコードデビューしたものの、歌手としては商業的に成功しなかったアイドルたちの名前である(カッコ内はデビュー日)。

 1982年は、おそらく史上最多の新人ソロアイドルがデビューした年だと考えられ、3月21日にデビューした堀ちえみ(51)は、そのなかでも松本伊代(53/デビューは81年秋だが、新人賞レースにおいては82年組扱いだった)、小泉今日子(52)、石川秀美(52)、早見優(52)、中森明菜(53)らとともに、トップグループを形成したひとりだ。

 ぶりっ子でもツッパリでもない、如何にもホリプロ的な庶民派キャラクターで人気を博した彼女は、歌手としては『さよならの物語』『夏色のダイアリー』などオリコントップ10入りする曲を何曲か残し、『NHK紅白歌合戦』にも出演しているが、事務所の方針なのか当初からライバルたちよりも女優業に積極的だった。

 デビュー早々、19時台の30分枠のテレビドラマ『メチャン子・ミッキー』(TBS系)に主演。これを名刺代わりにデビュー2年目には、大映テレビ制作によるドラマ『スチュワーデス物語』(TBS系)に主演する。

 いまでいうCA(キャビンアテンダント)訓練生の成長を描いたこのドラマ、前時代的なセリフやクサい演出が、80年代という時代に大いに受けた。彼女のつたない演技力がそのアナクロさを増幅させる効果を生み、風間杜夫との、「教官!」「おまえはドジでのろまなカメだ」といった劇中のやり取りは流行語となるのだ。

 大映ドラマの看板女優となった堀ちえみは、その後も、85年『スタア誕生』(フジテレビ系)、86年『花嫁衣裳は誰が着る』(フジテレビ系)に主演。同じようなキャラクターの役を、変わらぬ演技力で演じた。

 恋の噂もいくつかあった。印象的なのがミュージシャン・後藤次利(66)との、年齢差15歳の不倫愛だ。

「後藤は妻帯者でしたが、70年代アイドル・木ノ内みどり(61)と不倫の末に離婚→
再婚という前科があった。同じパターンかと思われましたが、後藤は堀との結婚に踏み切りませんでした」(芸能誌記者)

 蛇足ながら後藤はその後、木ノ内と離婚。おニャン子クラブのメンバーだった河合その子(53)と再々婚している。

 プレイボーイに半ばもてあそばれた形となった堀は、精神的ダメージを受けたのだろうか、激ヤセし、かつての健康的なイメージはどこかにいってしまう。

 痛々しいほどにスマートになった彼女は電撃引退。87年、まだ20歳になったばかりの頃だった。引退後は大阪の実家に戻り、後に医師と結婚。3児をもうけている。

 しかし、彼女が専業主婦でいた期間は短い。引退からわずか2年後に関西の芸能プロと契約し、地元ローカル番組に出るようになった。ここで、アイドル時代には見せなかった、関西弁ぶっちゃけトークで注目を集め新路線を開拓していく。

 一方で、プライベートでは99年に医師と離婚。これには、芸能界復帰が少なからず影響していることは明らかだった。

 その後も仕事は順調で、中央の芸能界にも復帰。また、仕事で知り合った出版関係者と再婚。新たに2児をもうける。

「既に3人の子持ちなのに、再婚はできちゃった婚。彼女の肉食ぶりが浮き彫りになりました。ただし、ルックスはアイドル時代を変わらなかった」(週刊誌記者)

 05年には同期の早見優、松本伊代とユニット『キューティー★マミー』としてCDをリリース。オールドファンを喜ばせた。

 売れっ子ママドルとなるものの、公私ともに順調というわけにはいかず、2人目の夫とも10年の6月に離婚してしまう。

 その後、11年には2人の連れ子がいる一般男性と再々婚。7児の母親となった。

 以後も関西を中心としタレント活動は順調で、17年にはデビュー35周年記念ライブ『Chiemi Hori 35th Anniversary Live 〜ちえみちゃん祭り2017〜』開催した。

 だが、一方で近年の彼女は健康面で心配な状況が続いている。35周年ライブの直後、リウマチと神経障害性疼痛を患っていることを明かし、18年には、「特発性大腿骨頭壊死症」なる難病と戦っていることを告白。さらに、クルマの運転中、交差点で後続車に追突される事故に遭い頸椎捻挫の診断を受けた。  

 このようにコンディションは万全ではないようだが、今は関西のローカル番組にレギュラー出演。ブログもマメに更新している。

 健康的な魅力こそ彼女の持ち味。病気に打ち勝って、歌はもちろん、芝居の方でももうひと花咲かせてもらいたいものだ。


【関連記事】
小倉優香が2位!「好きなグラビアアイドル」1位は誰だ!?
奈月セナ「DVDで出せない」大胆な“最大露出”に挑戦!【画像27枚】
小嶋瑠璃子はアドリブに強く、占い的にも「口」を使うことに縁がある星

EXweb

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ