Amebaニュース

堀内恒夫氏、西武へ移籍の内海哲也投手にエール「よし!行ってこい!」

12月22日(土) 17:48

プロ野球・元読売巨人軍の監督で野球評論家の堀内恒夫氏が、21日に自身のアメブロを更新。埼玉西武ライオンズから読売巨人軍にフリーエージェント(FA)で移籍した炭谷銀仁朗捕手の『人的補償』として、巨人から西武に移籍することとなった内海哲也投手へのメッセージをつづった。

堀内氏は、「内海に向かってこういうブログを書くことになるとは思ってもみなかったなぁ…」と切り出し、「現役を続行するか それとも引退するか このことが一瞬でも あいつの頭をよぎったかと思うんだ。」「俺はね、内海「いい方を選んでくれた」心からそう思ったよ。」とつづった。

続けて、「今年のピッチング内容をみても君はまだまだやれるからね。ユニフォームを脱ぐには早すぎる。」「左ピッチャーで しかも実績があっての軟投派 実際に交流戦でもいいピッチングを見せてる」と称賛。西武の菊池雄星投手がポスティングシステムによるメジャー移籍を目指している中で、「軟投派は変わり種だし 来季の西武にとって足りない部分を内海が埋めてくれる そう評価された 必要とされた 望まれていくんだもんな。」と述べた。

また、内海投手からファンに向けたメッセージ動画も紹介しながら「ひとつだけ気になった部分があったんだ」とコメント。「「将来的にはジャイアンツに帰ってこれるように…」気持ちは痛いほどわかるよ」と内海投手の気持ちを理解しつつも、「でも今はそんなこと言っちゃダメよ、内海 西武のために頑張る それは西武に骨を埋める西武のユニフォームで現役を終える 今はそういう気持ちを持って行かなくちゃな」と苦言を呈した。

堀内氏は最後に「がんばれよ、内海!応援してるからな、内海!」「本当にありがとう、内海!よし!行ってこい!」とエールを送ってブログを締めくくった。

【関連記事】
「内海哲也へ」(堀内恒夫オフィシャルブログ)
「とにかくあの球はすごい」堀内恒夫が選ぶ歴代No.1投手は?
堀内恒夫氏が長嶋茂雄氏と川上哲治氏の仰天秘話紹介
堀内恒夫氏、内海哲也に助言「充分に通用する」
星野仙一さんが70歳で死去 サンド伊達、大島康徳らがアメブロでお悔みコメント発表
アメーバニュース/ブログ発

関連キーワード

ブログ発新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ブログ発アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ