Amebaニュース

映画ファンこそ楽しめる!オープンワールド西部劇アクション『レッド・デッド・リデンプション2』に描かれた無頼の美学

10月26日(金) 17:00

提供:
10年にリリースされたオープンワールド・スタイルの西部劇アクションゲーム『レッド・デッド・リデンプション』の続編が、8年ぶりにその沈黙を破った。

【写真を見る】棺桶から飛び出すのは…!『続・荒野の用心棒』ほかマカロニ・ウエスタン名作10選!!/写真:Everett Collection/アフロ

本日、10月26日に世界同時発売となった『レッド・デッド・リデンプション2』(以下、『RDR2』)は、現時点における最新のテクノロジーと、開発元であるロックスター・ゲームスの技術とセンスの全てが注ぎ込まれた、世界が注目する超大作である。

ちなみに「オープンワールド」と聞いても、馴染みの無い方もいるかもしれないので補足しておくと、ゲームの中に構築された広大なマップ(箱庭)のフィールドを自由に行き来できる「もう1つの世界」を指し、その元祖ともいえる作品が同じロックスター・ゲームスが送り出した『グランド・セフト・オート』(以下、『GTA』)シリーズだ。

現代アメリカを舞台にギャング抗争に巻き込まれて、その頂点を極めようとするアウトローたちの物語だが、そこで培ったセンスや技術を西部劇の世界に持ち込み、単なる『GTA』のウエスタン・バージョンというものではなく、「百年前のアメリカ」を細部まで緻密に再現し、その世界の中で実際にガンマンの生き様を追体験できるのが『RDR』というゲームが目指した境地なのだ。

『RDR2』に登場するフィールドは実に多種多様であり、そのスケールは前作を大きく凌駕しておる。雪深き山間部から荒涼とした砂漠地帯、泥にまみれて寂れた町から交易で潤う中規模な市街地に電気の通った都会まで、1800年代末期のアメリカが入念なリサーチによって驚異的なまでのディティールで再現されている。

鬱蒼とした湿地帯には獰猛なワニが身を潜め、仲間のために狩猟に出かけて森林で鹿を追いこんでいたら巨大熊に遭遇して命がけで逃げるなど、自然環境の構築や、そこに生きる動物たちの生態も驚異的なレベルで再現されており、小動物から危険な獣、捕らえ調教できる野生馬まで実に多彩な動物たちが登場するのも、本作で注目のポイントといえる。

さらに時間によって変化する天候や風景は、プレイヤーがカメラアングルを操作してシネマスコープのような画面で映画のような視点から楽しむことも可能となっており、ただ風景を見ているだけでゲームプレイの時間が過ぎてしまうのは間違いない。

また、数々の歴史的な西部劇映画の名シーンを彷彿させる場面、場所、シチュエーションも多く、ゲームファンだけでなく映画ファンにも訴求力の高い作品であることも重要だ。

例えばゲームには、雪中の逃避行を巡る場面が登場するが、これはまさにタランティーノの『ヘイトフル・エイト』(15)を連想させるし、そこでの激しい銃撃戦はマカロニ・ウエスタンの古典にして異色作『殺しが静かにやって来る』(68)の場面が再現されたかのような迫力だ。

前作がリリースされた8年前に、筆者がロックスター・ゲームスのクリエィティブ部門を統括するダン・ハウザー氏にインタビューした際に、ダン氏は西部劇に大きな影響を与えた黒澤明の映画作品について言及していたのが、非常に印象的だった。『用心棒』(61)が『荒野の用心棒』(64)として、『七人の侍』(54)が『荒野の七人』(60)としてリメイクされたのは有名だが、その影響はゲームにも及んでいたのだ。

『RDR2』のシナリオはそれだけ濃く深く作り込まれている。ゲームをプレイする際にはシナリオにも是非注目してほしい。

また、登場する銃器やファッションにも注目だ。銃は連続で使用すると劣化するため、こまめに手入れしたり、カスタムパーツを購入して自分だけの銃にデザインできたりする。

また、服装は下着からベスト、ジーンズからレザーパンツ、ジャケットも寒冷地用コート(寒い場所に薄着で出向くと体力に影響がある)からオシャレなスーツ、ワイルドな革ジャンなどなど、プレイヤーはアーサーの着せ替えを自由に楽しめるので、好みの主人公を作りあげられる。髪型やヒゲも調整できるが、一度散髪するとまた伸びるまで再調整できないというリアルさ!そのディティールには驚くばかりだ。

何もかもが自由に過ごせる『RDR2』の世界では、賞金稼ぎ、借金取り立て、美人局、強盗、空き巣、恐喝など、あらゆる合法から非合法まで含め膨大な仕事を請け負うことができる。

ギャングの仲間たちと酒場で親交を深めて、大掛かりな銀行強盗もやってのけられるし、何もしないで町でブラブラしていてもいい。ソロキャンプの旅に出て伝説の手負い熊を追いかけるのもアリだろう。

素晴らしい冒険の旅と運命を握るのは、プレイヤー自身である。

この素晴らしきゲームの世界において、西部の男の意地と誇りを体感してほしいと願う次第である。(Movie Walker・文/植地 毅)


【関連記事】
ウエスタンからアメコミまで…名作ぞろいな“銀行強盗ムービー”5選!
何も分からずアメリカへ!?菊地凛子が明かす「ウエストワールド」撮影秘話
菊地凛子、話題の海外ドラマ「ウエストワールド」で“母としての想い”に共感
アカデミー賞監督が“世界のミフネ”を描く!スピルバーグ、役所広司ら出演の『MIFUNE:THE LAST SAMURAI』予告編が公開
Movie Walker

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ