Amebaニュース

セイン・カミュ、障がい者支援に一役 さらなる広がりへ「みんなとコラボできれば…」

9月4日(火) 11:49

提供:
 タレントのセイン・カミュが4日、都内で行われた『ラブキャリア×パラリンアート イメージデザインコンペ』表彰式に出席。現在、一般社団法人 障がい者自立推進機構の理事を務めるセインは、就任にいたった経緯と障がい者支援の広がりの重要性を訴えた。

【写真】アイアム野田はイニエスタの物まねで登場

 同団体では、障がい者のアート作品を企業・個人に提供し、作者報酬を支払う活動『パラリンアート』を展開。社会参加できず、経済的にも苦しんでいる障がい者のサポートを主な目的とし、障がい者の社会参加と経済的自立を推進する同活動には、2017年4月時点で約550人が登録している。

 セインは、同団体に入るきっかけが9年前の番組収録だったといい「中小企業を応援するというテーマの番組で、(同団体の現会長である)松永昭弘さんにインタビューしたんですけど、そのあとに『今度、こういった活動をしようと思うんだ』ということで数枚の絵を見せていただいたんです」と回顧。「その中の1枚が、知的障がいである僕の妹が描いた絵で、こんな偶然はないし、これは何かの縁だと感じました」とかみしめるように語った。

 こうした経緯から、現在は同団体の理事として活動しているセインだが「日本人は孤立しがちで、それぞれの地域での団結力は強いんだけど、それが点々としている気がします」と指摘。「みんながもっと力を合わせたら、もっともっとすごいことができると思う。僕も心はここ(障がい者自立推進機構)にありますけど、いろんな団体さんの活動にも参加させてもらっています。みんなとコラボできればいいな」と言葉に力を込めていた。

 表彰式には、お笑いトリオ・鬼ヶ島のアイアム野田も出席。イメージデザインコンペのグランプリには、KOTOさんの『届け!』が選出された。


【関連記事】
菊池桃子、長女の障害を公表「隠すことが娘に失礼に思えて」
菊池桃子、「離婚して“よかった”」 長女の障害や離婚など半生を振り返る
イモトアヤコ『24時間テレビ』義足の少女と約3000メートル登山達成
嵐・櫻井翔、2020年までの目標は“朝型人間”「2年ほどあるので…」
松岡修造、イベント前からファンサービス 楽屋からの音声中継も
ORICON NEWS

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ