Amebaニュース

早くも就活準備中、2020年卒学生 注目企業ランキング…鍵はインターンシップか

7月31日(火) 9:15

提供:
 就職・転職のための企業リサーチサイト「Vorkers」を運営するヴォーカーズは、早くも就職活動解禁に向けて準備をしている2020年卒学生に注目した「2020年卒学生 注目企業ランキング(2018年4-7月)」を集計した。調査の結果、就活準備中の2020年卒学生からの注目企業1位は「アクセンチュア」だった。

 2019年卒業者に続き、継続した売り手市場が見込まれる2020年卒業者の就職活動。2019年3月の本格的な就職活動の幕開けに向け、この時期は一体どのような時期にあたるのか。企業情報やクチコミ情報を掲載する、転職・就職のための情報プラットフォーム「Vorkers」によると、ここ数年の大学3年生は春先からインターンシップ情報を探し始め、夏期休暇を就活準備への準備に充てているようすが見られる。

 そこで、Vorkersは2020年卒の学生ユーザーが、Vorkers内でどのような企業に注目し、企業研究を始めているのかを調査するため、検索された企業名を集計し、ランキング形式でまとめた。集計期間は2018年4月1日から7月12日までの約3か月半。リセマムがVorkersから提供を受け、2020年卒学生が注目する企業を調査した。調査対象ユーザーは31,270名。調査対象のうち、大学生の大学を見ると、旧帝大とその他国公立は29.5%、早慶・MARCH・関関同立、上智・ICU・理科大といった難関私立大学が29.2%を占めた。

 注目企業を調査したところ、1位はアイルランドに本社を置く外資系企業「アクセンチュア」だった。Vorkers内で閲覧できる「社員による会社評価スコア」では総合評価4.12をマークし、同社はVorkersが発表する「働きがいのある企業ランキング2018」にもランクインしている。

 注目企業2位には、大阪府大阪市に本社を置く「キーエンス」がランクイン。3位には「エヌ・ティ・ティ・データ」が入った。4位から10位までには「野村総合研究所」「ソニー」「トヨタ自動車」「パナソニック」「野村證券」「三菱電機」「全日本空輸(ANA)」。学生だけでなく、世間的にも名の知られた企業の名が連なった。

 なお、「アクセンチュア」や「キーエンス」「エヌ・ティ・ティ・データ」は、Vorkers提供による「早慶・MARCH 大学生が選ぶ、2019年卒就職注目企業ランキング」でも上位にランクインしており、大学3年生の春から就活準備を始める学生の興味との関連性が垣間見えた。

 Vorkersは2020年卒の学生動向について、「インターンシップの応募が開始されるのが6月であることから、この時期(4月から7月)の学生はインターンシップに関する情報を集めているのではないか」と分析する。実際に、今回の調査でランクインした29位までの企業は、すべて夏を中心とする時期にインターンシップを実施予定だ。同社は2020年卒学生に向け、本格的な就活に備え、「社員による会社評価スコア」やランキング情報などをひとつの参考にしてもらえれば、としている。

◆2020年卒学生 注目企業ランキング(2018年4-7月)
1位 アクセンチュア株式会社
2位 株式会社キーエンス
3位 株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
4位 株式会社野村総合研究所
5位 ソニー株式会社
6位 トヨタ自動車株式会社
7位 パナソニック株式会社
8位 野村證券株式会社
9位 三菱電機株式会社
10位 全日本空輸株式会社(ANA)

(協力:Vorkers)

【関連写真】早くも就活準備中、2020年卒学生 注目企業ランキング…鍵はインターンシップか

■関連記事
2019年卒「超上位校」就活生人気企業ランキング、商社根強く金融・生保ダウン
2019就活、早慶・MARCHの注目企業ランキング
「契約した覚えがない」「納得できない」若者のトラブル110番、相談113件
2019年卒「就職人気企業ランキング」総合1位は4年連続、食品も人気
リセマム

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ