Amebaニュース

約3万点もの商品が勢揃いする文具と紙製品の大規模な見本市「文紙MESSE2018」

7月31日(火) 9:45

提供:
会場イメージ 2018年8月7日(火)と8月8日(水)の2日間にわたり、マイドームおおさか 展示ホール1・2・3Fおよび各階ロビーにて、入場無料の「文紙MESSE2018」が開催される。文具や紙製品にまつわる多くの有力製造業社が、各社の誇る製品の数々を出展する見本市。見て、触って、交流して、買って、文具を“味わい尽くす”ことができる。 本イベントは、「文具ワンダーランドIX」をテーマとした文具の祭典だ。ペンから絵具、夏休みの自由研究用品まで、約3万点ものさまざまな商品が勢揃いする。また、この「文紙MESSE」には、文具メーカーと小売、バイヤー、一般のエンドユーザーが交流する場としての役割もあり。一般の消費者にとっては、商品を作っている人たちと直接交流できる貴重な場となる。新製品コンテストをはじめ、各種の関連イベントも充実。ペン回し体験コーナーなどもあり、大人から子どもまで楽しめる。 初日の9:00〜13:00は、業界関係者のみを対象とした商談タイム。初日の13:00〜19:00と、2日目の終日(9:30〜17:00)は一般来場者も入場でき、商談会と一般公開が並行して展開される。招待者 / 業界関係者は事前または当日登録、一般来場者もできるだけ事前登録。当日受付は会場3Fにて受け付ける。 ■期間:
2018年8月7日(火)~8月8日(水)

■開催場所:
マイドームおおさか 展示ホール1・2・3Fおよび各階ロビー
大阪府大阪市中央区本町橋2-5

■問い合わせ先:
文紙MESSE協議会
(一般社団法人大阪文具工業連盟 / 大阪紙製品工業会 / 中部文具工業協同組合)
tel. 06-6768-4919
url. http://www.bunshi-messe.com/
■関連記事
東京の“刹那”に生まれる人々のドラマを切り取った熊切大輔氏の写真展「刹那 東京で」 (2018.7.31)
“季節を感じるソラシドトリップ”をテーマにソラシドエアがフォトコンテストを開催中 (2018.7.30)
約70点の動物の絵画を展示するホテルオークラ東京のチャリティー絵画展「動物たちの息吹」 (2018.7.30)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ