Amebaニュース

台風12号、種子島付近へ=九州四国、あすまで大雨警戒

7月31日(火) 13:14

提供:
 台風12号は31日午前、鹿児島県・種子島の南東海上を北上した。やや発達しながら西に進路を変え、夕方に種子島付近に進んだ後、8月1日以降は東シナ海を中国大陸へ向かう見込み。九州と四国の太平洋側では1日にかけて大雨になる所があるとみられ、気象庁は土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けた。九州南部と奄美は強風や高波にも注意が必要。
 12号は31日正午、種子島の東南東約100キロの海上を時速20キロで北北東へ進んだ。中心気圧は994ヘクトパスカル、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。東側220キロ以内と西側110キロ以内が風速15メートル以上の強風域。
 高知県四万十町では31日午前7時ごろまでの1時間に44.0ミリ、宮崎市では正午までの1時間に36.0ミリの激しい雨が降った。
 1日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、九州南部200ミリ、奄美180ミリ、九州北部と四国150ミリ。2日午前6時までの同雨量は九州南部と奄美の多い所で100~150ミリ。
 1日にかけての九州南部と奄美の最大瞬間風速は30メートル、波の高さは九州南部と奄美5メートル、九州北部と四国4メートルと予想される。 【時事通信社】
時事通信

国内新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

国内アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ