Amebaニュース

東大アイドル・桜雪が明かした頭が良すぎる握手法

7月14日(土) 13:00

提供:
 7月10日放送の『有田哲平の夢なら醒めないで』(TBS系)に、アイドルグループ「仮面女子」の桜雪(25)が出演。東大卒アイドルらしいファン獲得法を明かし、視聴者に衝撃を与えた。

 この日の番組は、「頭良すぎて生きづらい東大女子SP」と題し、東大卒や現役東大生の女性たちが出演。東京大学文学部の卒業生である桜雪は、その頭脳を活かした独特のファン獲得術を紹介した。

 桜は握手会のとき、初めて来てくれたファンには全力で“神対応”するが、そのファンが2度目に来たときは、あえてそっけない“塩対応”をすることを明かした。

 その理由について桜は、ある動物心理学の実験結果を取り入れていると告白。ボタンを押すとエサが出てくる箱にネズミを入れたとき、ボタンを押せば毎回エサが出てくるケースよりも、ランダムに出てくるケースのほうが、ネズミは一生懸命ボタンを押すという実験結果に基づいたものだと解説した。

 さらに桜は、握手会でのテクニックも紹介。「握手って普通なら“手を握る”“手を離す”という刺激が2回ある」と握手のメカニズムを分析。そのため桜は、ファンの手を握った後に、手を振ったり、ギュッと握ったりすることで、刺激を与える回数を増やす工夫をしていると明かした。

 その後、桜が披露した握手方法を見た脳科学者の中野信子氏は、このテクニックが実際に効果的だと断言。胸がキュンとするとき、人間の脳内では“オキシトシン”という物質が分泌されているそうで、桜の握手法は男性にオキシトシンを出させる要素がたくさん詰めこまれていると分析した。

 そんな桜雪の心理学を用いたファン獲得法に、視聴者もビックリ。ネットでは「神対応と塩対応を使い分けて興味を引かせる……まさにあめとムチ!」「勉強になったわ。思い当たる節がすごくある」「これ見た他のアイドルがマネしたら、俺破産しちゃう」「胸がキュンとするのは脳内物質のせいだったのか……」など、東大卒アイドルの、心理学まで応用したファン対応に、感心するコメントが相次いでいた。

「桜雪が所属する仮面女子は、日本最高の地下アイドルといわれています。AKB48と同じく、秋葉原に常設劇場を構え、大阪のミナミにも専用劇場ができました。2015年には、インディーズの女性アーティストとして初めてオリコンチャート1位に輝き、同年11月には、さいたまスーパーアリーナでワンマンライブを開催したほどの人気ぶりです」(芸能誌ライター)――学んだことをしっかり応用してるのが素晴らしい!


【関連記事】
松本人志から広瀬すずまで…芸能界「絶対共演NGリスト」最新版!
解散決定のSMAPなんてまだマシだった!?「本当は仲が悪いグループ芸能人」実名暴露
日本テレビ・ラルフ鈴木アナ、粛清秒読みも「擁護ゼロ」のヤバイワケ

日刊大衆

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ