Amebaニュース

銀座でゆったり!ロブスターロール専門店「LUKE’S LOBSTER」が国内最大規模の路面店をオープン

7月14日(土) 10:00

銀座でゆったり!ロブスターロール専門店「LUKE’S LOBSTER」が国内最大規模の路面店をオープン
ニューヨーク発の「LUKE’S LOBSTER(ルークスロブスター)」は、高級食材のロブスターをカジュアルなスタイルで食べられることで人気のロブスターロール専門店。2018年7月4日(水)オープンの銀座店は、国内のLUKE’Sの店舗の中ではいちばん広く、ゆったりした空間で旨味たっぷりのロブスターロールが手軽に味わえる。この夏は銀座ショッピングの合間に、ロブスターロールでひと息入れるのもいいかも。



【甘くて柔らかい部位を贅沢に使ったロブスターロール】

銀座店は、国内の店舗でいちばん広いだけでなく、これまでの既存店にはなかったボックス席などのゆったり落ち着ける内装も特色。シーフードにちなんで港をイメージしたカジュアルな世界観はそのままに、銀座らしく大人も楽しみやすい空間になっている。

メインメニューの「ロブスターロール」は、「ツメ」と「拳(こぶし)」という甘みが強く柔らかい部位のみを使用。「USサイズ」(1706円)で5尾分、「レギュラーサイズ」(1058円)で3尾分を贅沢に使っている。味のよいアメリカ・メイン州産などのロブスターを、十分に堪能できるボリュームが嬉しい。



【最小限の調味料で素材の味を引き立てるシーフードロール】

身がたっぷりの「クラブロール」(1490円)も、ロブスター同様に産地や品質管理、環境への影響などについて徹底的にこだわったクラブ(カニ)を使用している。

作り方のポイントもロブスターと同じく、素材の味を引き立てるために少量のマヨネーズとレモンバター、ハーブ・スパイスのみを使っているそう。丁寧にほぐした甘いクラブがぎっしり詰まっているから、カニ好きにはたまらないはず。



【風味のよい小エビのロールも。セットメニューでも楽しんで】

「シュリンプロール」(1026円)も厳選した素材を引き立てるこだわりの調理法は同じで、風味のよい小ぶりのエビがたっぷり。

この3種類のシーフードロールは、それぞれにセットメニューでも味わえる。「フレンチフライセット(フレンチフライ、ドリンク)」(+432円)、「スープセット(クラムチャウダー or ロブスタービスク、ドリンク)」(+540円)、「マスターセット(フレンチフライ、クラムチャウダー or ロブスタービスク、コールスロー、ドリンク)」(+1080円)の3つのスタイルが選べるから、好きな組み合わせで楽しんで。

また、ニューヨークで街の名物になっているフードトラック「LUKE’S LOBSTER FOOD TRUCK2(ルークスロブスター フードトラック2)」も始動し、 7月12日(木)から8月31日(金)までは、新宿サザンテラスに出店する。こちらも合わせてチェックを。

この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

【関連記事】
2018年最新版・温泉地の花火大会10選
夏はスグそこ!おでかけレストラン2018
人魚姫のスイーツブッフェで深い青の世界へ
ル・クルーゼ鍋で焼くメゾンカイザーのパン
かき氷も!とらやの喫茶併設店が青山に誕生
オズモール

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ