Amebaニュース

逆転無罪を破棄、差し戻し=鳥取の支配人殺害-最高裁

7月13日(金) 18:39

提供:
 鳥取県米子市で2009年、ホテル支配人の男性に暴行を加えて現金を奪い、その後死亡させたとして強盗殺人罪に問われた元従業員の石田美実被告(61)の上告審判決が13日、最高裁第2小法廷であった。鬼丸かおる裁判長は、懲役18年とした一審鳥取地裁の裁判員裁判判決を覆して逆転無罪とした二審広島高裁松江支部判決を破棄、審理を同高裁に差し戻した。
 裁判員の有罪判断を見直し、無罪とした二審判決が最高裁で破棄されたのは初めて。
 被告側は無罪を主張しており、状況証拠の評価が争点だった。鬼丸裁判長は、二審判決について、複数の状況証拠を個別に検討するだけで、総合的に評価する観点に欠けていると批判。「一審の事実認定に不合理な点があることを十分に示したとは言えない」と述べた。 【時事通信社】
時事通信

国内新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

国内アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ