Amebaニュース

スマホの画面を車のフロントガラスに投影できる「ヘッドアップディスプレイ」がクラファンに登場

7月13日(金) 16:23

提供:
イメージ きびだんご株式会社は、スマートフォンの画面を車のフロントガラスに投影できるヘッドアップディスプレイ「HUDWAY CAST(ハドウェイキャスト)」について、クラウドファンディングサイト「Kibidango」でのプロジェクトを開始したと発表した。 本製品は、スマートフォンの画面をワイヤレスで投影できるヘッドアップディスプレイ。車のダッシュボードに映像投影用のデバイスを設置して、運転しながらナビなどの映像を見ることができる。 「HUDWAY CAST(ハドウェイキャスト)」「HUDWAY CAST(ハドウェイキャスト)」 投影されるディスプレイ解像度は854×480 pxで、運転中にナビの内容を確実に読み取ることができる。また、スクリーンの明るさはスマートフォンの20倍で見やすく、走行中に陸橋の影だったりトンネルだったりと暗い場所に入ると自動でスクリーンの明度を調節機能も搭載する。 急に暗くなっても大丈夫急に暗くなっても大丈夫 日本語対応の専用アプリも用意され、ナビを投影したまま音楽再生や通話などの操作もできる。

スペックは、本体サイズ153.8×100.9×40.2mm、レンズサイズ161.5×91.8mm。ディスプレイ解像度:854×480 px。シガーソケット接続ケーブル:2.5m。フォーカス距離:2.8m。 HUDWAY CAST
URL:https://kibidango.com/692?ui_medium=release&ui_source=kibidango&ui_campaign=hudwaycast
2018/07/13
■関連記事
JINS、ぽっちゃり女子専用にデザインした「ビッグシェイプby la farfa」発表 (2018.7.13)
バッテリー電圧をリアルタイムに表示する、シガーソケット分配器「DLP7520N」発売。USB2ポート付き (2018.7.13)
上海問屋、防弾チョッキの素材を使用した「高耐久Lightningケーブル」発売 (2018.7.13)
サンワサプライ、プロジェクターとノートPC 2台を同時設置できる「スタンド」発売 (2018.7.13)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ