Amebaニュース

フォントワークス、Monotype・モトヤ・イワタの「LETS」で新書体をリリース

7月13日(金) 14:30

提供:
フォントワークス株式会社は、年間定額制フォントサービス「LETS」にて、2018年7月18日(水)から新書体の提供を開始する。今回、新たな書体のリリースが発表されたのは「Monotype LETS」「モトヤLETS」「イワタLETS」。特に「Monotype LETS」では、既に提供済みの書体についても、より多くのウエイトや文字セットのバリエーションが加わり、計1331書体が追加される。 「Monotype LETS」の新書体は、OpenTypeやTrueTypeとして提供され、形式はフォントによって異なる。注目の新書体は「SST」と「The Wolpe Collection」。「SST」は、Monotype社のタイプディレクターである小林章氏のディレクションで開発が進められ、ソニーのグローバル・ブランディングと93言語のサポートを目的として開発されたジオメトリックな書体だ。その「SST」の欧文書体と多言語書体が利用できるようになる。 「The Wolpe Collection」は、Monotype Studioの大曲都市氏により、1930年代のBerthold Wolpeのデザインを現代に合わせて拡張・復活したコレクション。4月に「Wolpe Pegasus」や「Wolpe Fanfare」が追加されていたが、新たに「Albertus Nova」「Sachsenwald」「Wolpe Tempest」が登場する。 「モトヤLETS」には、伸びやかな筆さばきの行書体「Sモトヤ行書 Std W5」を追加。Mac向けにOpenTypeフォント、Windows向けにOpenTypeフォントと外字付きTrueTypeフォントが提供される。「イワタLETS」の新書体は、現代に合わせた新しい教科書体としてデザインされた「学参新教科書体」ファミリーの4種。Mac用とWindows用ともに、OpenType形式での提供となる。  「モトヤLETS」の新書体の「Sモトヤ行書 Std W5」
「モトヤLETS」の新書体の「Sモトヤ行書 Std W5」  「イワタLETS」には「学参新教科書体」ファミリーの4書体が追加
「イワタLETS」には「学参新教科書体」ファミリーの4書体が追加 フォントワークス株式会社
URL:https://lets-site.jp/
2018/07/13
■関連記事
ヤマハ、歌声合成ソフトウェア「VOCALOID」の新バージョンを発売 (2018.7.12)
魚の写真を撮るかフォルダの写真を選ぶだけで魚種を判定できるアプリ「フィッシュ」 (2018.7.12)
アドビ、バウハウスの巨匠が遺したデザインの復刻版フォント「CarlMarx」をリリース (2018.7.12)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ