Amebaニュース

人気のデジタル地球儀も触れる体験型の展覧会「海の地球ミュージアム2018」

7月13日(金) 14:00

提供:
「海の地球ミュージアム2018」イメージ 2018年7月13日(金)から9月2日(日)まで、六本木ヒルズ展望台 東京シティビューにて、「海の地球ミュージアム2018」が開催される。海に焦点を当て、地球の不思議や過去 / 現在 / 未来を楽しく学べる展覧会。「東京シティビュー スーベニアショップ」では、本展にちなんだアイテムを集めたグッズコーナーも登場する。 「海の地球ミュージアム2018」は、まるで海の中にいるような空間演出が特徴。日没後から巨大なプロジェクション映像により、黒潮の海の豊かさや深海の美しいプランクトン、ザトウクジラ、マンタ、ジンベエザメなどの姿を、東京の壮大な景色や夜景とともに楽しむことが可能だ。また、沖縄美ら海水族館の協力で、実際の沖縄の魚たちを見られる巨大な水槽も登場する。 さらに、本イベントではデジタル地球儀「触れる地球」も設置される。これは、世界のリアルタイム情報や台風、クジラやマグロの移動、地球温暖化など、“生きた地球の姿”を映し出す人気のデジタルアイテム。たとえば、声で反応するデジタル地球儀でホッキョクグマが案内する北極の海など、興味深いコンテンツが紹介され、会場ではスタッフが地球のさまざまな現象を教える。開館時間は10:00〜22:00(最終入場は21:30)で、入場無料(ただし、展望台入館料が必要)。 ■期間:
2018年7月13日(金)~9月2日(日)

■開催場所:
六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 52F

■問い合わせ先:
特定非営利活動法人Earth Literacy Program(ELP)/ 東京シティビュー
tel. 03-6406-6652
url. https://tcv.roppongihills.com/
■関連記事
「光と霧のデジタルアート庭園」も出現する夏イベントが東京ミッドタウンで開催 (2018.7.13)
小田急電鉄が2019年のカレンダーに掲載する「季節を旅するロマンスカー」の写真を募集 (2018.7.13)
ドーム型スクリーンでの映像没入体験やデジタル射的などを楽しめる「ソニーであそぶ“夏祭り”」 (2018.7.12)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ