Amebaニュース

カメラの形をモチーフにした約100点の玩具を展示している「カメラのおもちゃ展」

7月5日(木) 9:45

提供:
「カメラのおもちゃ展」 写真専門ギャラリーの「ソラリス」にて、2018年7月15日(日)まで「カメラのおもちゃ展」が開催されている。写真家の吉川直哉氏の協力のもと、カメラの形をモチーフにした約100点の「カメラのおもちゃ」コレクションを展示している企画展。実際に「カメラのおもちゃ」に触れられる体験コーナーも併設されている。 写真撮影に用いられるカメラの形は、玩具のモチーフとして登場することも多い。アクセサリーやインテリアの飾り、子ども向けの遊び道具、記念品などとして、さまざまな目的で作られた「写すことができないカメラ」が存在する。 吉川直哉氏は、そのような「カメラのおもちゃ」を20世紀の終わり頃から集め始めた。最初は数えるほどだったコレクションが、今では「自分でもどれぐらい持っているのか分からない」と言うほどの数へと増加。今回の企画展では、その貴重なコレクションが紹介される。 入場無料、会期中の休廊日は7月9日(月)で、時間は11:00〜19:00。また、7月15日(日)の13:00〜15:00には、吉川氏を講師に招いたピンホールカメラの体験イベントも実施(要事前Web申込 / 先着順 / 参加費3000円)。フィルムケースからピンホールカメラを作成し、プリントまでを体験できる。 ■期間:
2018年7月3日(火)~7月15日(日)

■開催場所:
ギャラリー・ソラリス
大阪府大阪市中央区南船場3-2-6 大阪農林会館 B1F

■問い合わせ先:
ギャラリー・ソラリス
tel. 06-6251-8108
url. http://solaris-g.com/
■関連記事
布を用いたインスタレーションで平面と空間の境界線を探る柳原照弘氏の展覧会「Layerscape」 (2018.7.4)
魅力的な食品サンプルの世界を堪能できる展覧会「FOOD SAMPLE展〜ザ・リアル〜」 (2018.7.4)
多摩市の魅力的な橋を含めた風景写真を募集している「たまのはしフォトコンテスト」 (2018.7.3)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ