Amebaニュース

首位のスコアは「-1」、アンダーパーはD・ジョンソンらトップの4人のみ 日本勢1番手は松山英樹

6月15日(金) 9:34

提供:
<全米オープン 初日◇14日◇シネコック・ヒルズゴルフクラブ(7440ヤード・パー70)>

海外メジャー「全米オープン」の初日が終了。難コースに加えて強い風が選手たちを苦しめる中、この日にアンダーパーをマークしたのは首位タイに並んだ4人のみ。しかも、首位のスコアが1アンダーとメジャーにふさわしい厳しい幕開けとなった。

【関連写真】全米オープン現地の模様を写真でお届け!
1アンダー・首位タイに並んだのは、今季1勝を挙げているスコット・ピアシー(米国)とイアン・ポールター(イングランド)、世界ランク1位のダスティン・ジョンソン、ラッセル・ヘンリー(ともに米国)の4人。

1打差・5位にはジェイソン・ダフナー(米国)が続いた。3年ぶりに全米オープン出場を果たしたタイガー・ウッズ(米国)は痛恨のトリプルボギーでスタート。後半でもダブルボギーを2回叩くなどスコアを崩し、8オーバー・101位タイと出遅れた。

4人出場している日本勢も苦戦し、日本勢トップの松山英樹が5オーバー・46位タイ。一時はトップ10に食い込む健闘を見せた星野陸也は、後半14番・パー4でダブルパーを喫するなどスコアを落として9オーバー・114位タイとなった。

小平智は11オーバー・134位タイ、秋吉翔太は12オーバー・143位タイと苦しい出だしとなった。

その他注目選手では、リッキー・ファウラー(米国)が3オーバー・19位タイ、2014年の「全米プロゴルフ選手権」以来のメジャー制覇がかかるローリー・マキロイ(北アイルランド)は10オーバー・128位タイとなっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>
【関連リンク】
■全米オープン リーダーボード
■松山英樹、破損したドライバーの代わりは悩んだ末「強風対策」で“第3の選択肢”
■マイヤーLPGAクラシック リーダーボード
■松山英樹の初日を振り返る 一打速報
ALBA.Net

スポーツ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

スポーツアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ