Amebaニュース

築地にフルーツビネガーのスイーツ店「Vinefru TOKYO 」がオープン!かき氷にワッフルパンケーキも

6月15日(金) 10:00

築地にフルーツビネガーのスイーツ店「Vinefru TOKYO 」がオープン!かき氷にワッフルパンケーキも
新スタイルのスイーツ店「Vinefru TOKYO」(ビネフル トウキョウ)が、築地に2018年6月1日(金)オープン! ここでは、自家製のフルーツビネガーを使ったドリンクやかき氷、ふわふわのワッフルパンケーキメニューを楽しめます。注目のニューオープン店に、オズモール編集Fが行ってきました。

Check Point
テイクアウト:○
イートイン:○
主なメニュー:ドリンク、かき氷、ワッフルパンケーキ(イートインのみ)



【主役は厳選素材を使ったフルーツビネガー】

Vinefru TOKYOでは、どのメニューにもオーナー・西ケ谷さんの目利きで徹底的に選び抜かれた材料を使用。特に、各メニューの柱となる自家製フルーツビネガーには、並々ならぬこだわりが感じられます。

お酢は、10社以上を飲み比べた結果、都内に唯一醸造所を構えている「横井醸造」のものをセレクト。国産酒粕を長期熟成させたグルテンフリーの穀物酢と米酢は、添加物を一切使用していないのが特徴。まろやかかつすっきりとした味わいで、フルーツのおいしさを引き立たせてくれるそう。

そこに合わせる砂糖は、天然の糖のなかで最も甘いとされているフルーツシュガー。砂糖より少ない使用量で強い甘みが得られるため、カロリーも抑えられるのだとか。さらにフルーツは、農家から直接仕入れた国産のものを採用。季節に合わせてチョイスし、そのとき旬な果実をフルーツビネガーにして届けます。



【ソーダやサワー、牛乳割りなど楽しみ方もいろいろ】

オープン時には、愛媛産のレモンを使った「レモンビネガー」、沖縄産の「パッションフルーツビネガー」、静岡産の「ブルーベリービネガー」、同じく静岡産の「キウイビネガー」を揃えていました。西ケ谷さんのおすすめはレモンとパッションフルーツ。お酢とフルーツのそれぞれの酸味がうまくマッチした逸品だそう。

今後は甘夏、イチゴ、ピンクグレープフルーツ、ミカン、パイン、梅、巨峰、マンゴーなども展開予定とのこと。足を運ぶたびに、新しい味に出会えるかも。

フルーツビネガーのドリンクは400円から提供。水割りやお湯割りのほか、ソーダ割り、牛乳割りも選べます。プラス200円で、アルコールのサワーにすることも! 大人も子供も、暑い時期も寒い時期も、フルーツビネガーの魅力をおいしく楽しめそうですね。



【フルーツの甘さが幸せ。底までおいしいかき氷】

暑い時期に味わいたいのはやっぱりかき氷。氷は、厳選した水とフルーツビネガーを合わせたものを凍らせて作るため、食べ進めても味が薄くなりません。削った氷の上には、フルーツビネガーを直接回しがけ、さらに果実をトッピングしています。

実際にいただきましたが、フルーツの甘みが口いっぱいに広がる芳醇なお味です。もちろん、お酢ならではのさっぱり感も抜群で、真夏のスイーツタイムに清涼感を届けてくれるはず。



【パンケーキ生地を焼きあげ!ふわふわ新感覚ワッフル】

イートインでは、ワッフルパンケーキも提供。メレンゲとタヒチ産バニラビーンズの入ったパンケーキの生地をふっくらふわふわに焼きあげています。フレーバーは、「自家製ホイップバターとはちみつ」「自家製ホイップバターとビネガーレモン添え」「自家製和風マヨネーズとツナ」を用意していました。

飲み物はフルーツビネガーのドリンクだけでなく、堀口珈琲のスペシャリティコーヒーや高級ブランド・ロンネフェルトの紅茶なども用意しているので、ワッフルに合わせてこれらを選ぶのも良さそう。

素材のポテンシャルを存分に引き出したフルーツビネガーの魅力を、いろいろなメニューに落とし込んで届けるVinefru TOKYO。「健康志向の人はもちろんですが、築地という場所柄、外国の人にも果物本来の味わいを伝えられれば」と西ケ谷さん。グルメタウン・築地に現れたスイーツの新星、ぜひ足を運んでみて。

この記事の詳細データや読者のコメントはこちら

【関連記事】
シェフのレシピ公開!レストランの料理教室
幻想的な夜にトリップ。非日常レストラン
憧れのアンダーズで高層夜景&熟成肉を堪能
ピエール マルコリーニから季節限定かき氷
体験メニュー充実!横浜高島屋の美容フロア
オズモール

経済新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

経済アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ