Amebaニュース

「下品で嫌だな…」と感じる女性の特徴5パターン

6月15日(金) 9:00

「下品な女」のレッテルを貼られて得することなど何もないもの。周囲の男性に嫌な印象を与えているとしたら、早めに改めたほうがいいでしょう。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケート調査を参考に、「『下品で嫌だな…』と感じる女性の特徴」をご紹介します。


【1】大声でギャハギャハ笑うなど、「行動がガサツである」
「仲間といると気が大きくなるのか、好き放題はしゃいでうるさい。本当に品がないなと思います」(20代男性)というように、ところ構わず騒いだり、ドタドタ物音を立てるなど配慮のない行動を取る女性は、周囲にいい心証を与えないようです。ガサツな女と見なされるとモテから遠ざかってしまうので、心当たりのある人は改めたほうがよさそうです。

【2】友達に向かって「おまえ」と呼ぶなど、「言葉遣いが悪い」
「馬鹿丁寧に話せとは言わないが、女の子が『おまえ』はさすがにない」(10代男性)というように、言葉遣いが荒すぎるのも、男性を呆れさせてしまうようです。気になる人の前では女性らしい話し方をしていても、親しい友達との会話で、素のしゃべり方がバレてしまうこともあるので、できれば誰の前でもきちんとするよう心がけましょう。

【3】集団で誰かを仲間はずれにするなど、「すぐに徒党を組みたがる」
「入学前からLINEでグループができてたりしてちょっと怖いです」(10代男性)など、女性にありがちな「集団行動」も、度が過ぎると男性をウンザリした気持ちにさせてしまうようです。ある程度のグループ化は必要なことかもしれませんが、敵・味方の境界を分けすぎるなど、排他的な行動は慎んだほうがいいでしょう。

【4】過去の男性経験をあけすけに語るなど、「平気で下ネタを口にする」
「『元カレのテクが…』とか聞きたくないし知りたくもないです」(20代男性)など、赤裸々な「エッチの告白」は、聞く人をドン引きさせてしまうようです。「恋愛経験豊富な女」を気取ったはずが、「下半身の緩い女」のレッテルを貼られてしまうのは不本意なので、異性の前で言っていいことと言わないほうがいいことを見極めたいところです。

【5】格下認定した人間にはとことん冷たく接するなど、「相手によって態度を変える」
「上の人間の前では『気の利くいい子キャラ』のくせに、陰では後輩を顎で使ったりして豹変ぶりが恐ろしい」(20代男性)など、人によって態度を変える女性も、好意的には思われないようです。むしろ誰に対しても丁寧な物腰で接するようにすると、人柄や女性としての品性を評価されて、一目置かれるでしょう。


心当たりのものがひとつでもある人は、今からでも気を付けましょう。(田中健斗)

【関連記事】
「コイツ、もしかして汚部屋女か?」と男性が疑いを持つ瞬間9パターン
実年齢より老けて見える「オバサン女子」の容姿の特徴9パターン
「女の子って面倒だな・・・」と感じる瞬間9パターン
男性が気になる女性に対して「裏切られた!」とガッカリする瞬間9パターン
男子に「ほかにやることないのかよ…」と引かれてしまう「女の休日」9パターン
オトメスゴレン

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ