Amebaニュース

Co shu Nie『東京喰種』OP曲が32位に~6/18付CDランキング上昇作PickUp

6月15日(金) 8:10

提供:
 最新6/18付オリコン週間ランキングから、TOP20位圏内には入らなかったものの、CDセールスやデジタル配信で注目すべきチャートアクションを見せた作品を、週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』編集部のメンバー6名が各目線でピックアップ。これから注目すべきアーティスト、話題作の動向を紹介する。

【一覧表】6/18付 週間シングルランキング

◆Co shu Nie「asphyxia」/シングル32位

独創的な世界観に引き込まれる、女性ボーカルの3ピースバンド

 独創的な世界観にリスナーを引き込む、女性ボーカルの3ピースバンド・Co shu Nie(コシュニエ) の「asphyxia」が週間シングルランキング32位にランクイン。TVアニメ『東京喰種トーキョーグール:re』(TOKYO MX ほか)オープニングテーマとなっている今作は、イントロからピアノと中村未来(Vo、G)の声が繊細に切なく絡み合い、バンド演奏が加わると艶やかさをまとう声が力強いリズムに乗って流れるように響き、サビではすべての演奏を押さえつけるかのような高音の熱唱で圧倒する。シンガーとしても奏者としても類稀なセンスを光らせる中村の個性が炸裂している。

◆whiteeeen2「ハニートースト」/シングル87位

オーディション経て3名が加入、6声になり深み増す新生whiteeeen2

 GReeeeNのメンバーとプロデューサー・JIN によるオーディションを経て、15年3月にデビューした女性ボーカルユニット・whiteeeen。5月に新メンバー3人が加入、6人組となり再始動する彼女たちの最新シングル「ハニートースト」が、週間シングルランキング87位に初登場した。同曲は聴き手の背中をそっと押してくれるような青春ソング。透明感あふれる歌声は、6声になったことでさらに魅力を増し、学生時代に誰もが一度は経験したことがあるような出来事や想いを歌った歌詞がスッと胸に響いてくる。気鋭の若手女優・山口まゆらが出演するMVも曲の世界観にピッタリ。

◆MOROHA『MOROHA BEST~十年再録~』/アルバム26位

“最小最強編成”の2人組・MOROHAが自己最高位更新

 結成10周年を迎えたMOROHAの再録ベストアルバム『MOROHABEST ~十年再録~』が最高位を更新。週間アルバムランキング26位を獲得した。アコースティックギターのUKとMCのアフロからなる2人組。湧き上がる感情を生々しい言葉で紡ぐ特徴的なリリック。感情を爆発させるアフロのMC。そのスタイルはいわゆるポエトリーリーディングだが、その枠に留まらないのは鋭利なのに鈍く心を打つUKのギターがあるから。この2人によって新しい“音楽”へと昇華させている。普遍的でありつつ、的確に時代性を映す。不穏な今。良くも悪くも彼らの出番が近づいている。

◆クアイフ『POP is YOURS』/アルバム55位

“ポップ”を追求する鍵盤系3ピースバンド
 “絶対的、鍵盤系ドラマチックポップバンド”を自称する、クアイフのメジャー1stアルバム『POP is YOURS』が、週間アルバムランキング55位にランクインした。ピアノボーカル、ベース、ドラムの3ピース編成で、17年11月にメジャーデビュー。Vo&Keyの森彩乃は、音大のクラシックピアノ科出身、数々のピアノコンクール受賞歴を持つ。彼女の高い歌唱力と、メロディアスで時に力強いピアノに彩られた楽曲たちは、真っ直ぐに心に響き、さまざまな感情を呼び起こす。「世に放たれた瞬間その曲は聴く人のものになる」という、彼らの追求する“ポップ”が詰まった1枚。

◆ソフィー・タッカー『ツリーハウス』/アルバム87位

中毒性の高いサウンドが癖になる

 米ニューヨークを拠点に活動中のデュオ、ソフィー・タッカーのアルバム『ツリーハウス』が、週間アルバムランキング87位にランクインした。『グラミー賞』にノミネートされるなど、世界最高峰のダンスレーベル「Ultra」が送り出す気鋭の2人。iPhone X やiPhone 8のCMソングに起用された「ベスト・フレンド feat. ナーヴォ、ザ・ノックス& アリサ・ウエノ」と「ベスト・フレンド」は、独特なビートとメロディーが印象的で、中毒性の高いサウンドがクセになる。MVでのポップな世界観とハイセンスなファッションは、アイコン的な存在として日本でも受けそうだ。

◆Jorja Smith『Lost & Found』/デジタルアルバム34位

20歳とは思えない楽曲センスと歌唱力で英国を席捲する歌姫

 今年の『SUMMER SONIC』に出演が決定している、英国出身の20歳のシンガー・ソングライター、ジョルジャ・スミスの1stアルバムが、7月に発売が予定されているフィジカルに先駆け、デジタルランキングで34位を獲得。注目度の高さを示した。高音から低音までカバーするハスキーボイスと、どんな曲調でも魅力的な歌い回しで耳をくぎ付けにしてしまう歌唱力の素晴らしさ。とにかく彼女の名を一躍有名にした収録曲「Blue Lights」を聴いてほしい。サイレンの音に怯える思春期の複雑な感情と、それを恐れなくていいと勇気を語る歌詞がとにかく感動的だ。

(『コンフィデンス』 18年6月18日号掲載)


【関連記事】
乃木撮、シンクロLIVE、最大規模の全国ツアー… 秋元真夏が語る乃木坂46の今とこれから
『第10回AKB48 世界選抜総選挙』速報結果をおさらい! 過去の名シーンもプレイバック!!
Crystal Kay、“歌”と“メッセージ”を追求した等身大のアルバム
「東西アイドル戦線」異状あり “本格派”求められる関西アイドルの音楽事情
DA PUMP・ISSA “ダサかっこいい”「U.S.A.」の第一印象は「まじかよ」
ORICON NEWS

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ