Amebaニュース

永野芽郁、金ピカのボディコンでお立ち台へ!撮影密着リポ【朝ドラの裏側をのぞきたい!(15)】

5月18日(金) 18:20

第7週を放送中の連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。5月18日(金)にオンエアされた第41回で、漫画家事務所を追放されたヒロイン・鈴愛(すずめ、永野芽郁)が、律(佐藤健)や正人(中村倫也)とディスコ「マハジャロ」を訪れるシーンが反響を呼んでいる。

【写真を見る】永野芽郁のボディコン姿に大反響!佐藤健&中村倫也に見守られ…/(C)NHK

SNS上では、金ピカのボディコン姿を披露した永野の、スタイルの良さを絶賛する声が続出。また、ダンス指導兼DJ役でパパイヤ鈴木が出演したことにも、驚きの声が挙がっている。

真冬の撮影にも関わらず、ダンサー、エキストラですし詰め状態となった撮影現場の熱気は相当のもの。慣れないボディコンを着用した永野芽郁は、時折「暑い…」とこぼしながらもディスコシーンに臨んだ。

パパイヤ鈴木は、「扇子は上上下下…しっかりひざを使って」などとバブリーなダンスを指導。50人を超えるエキストラたちも、前髪を逆立てたり大きめのジャケットの肩を強調したりしながら、当時の再現に徹する。

リハーサルでは、 “ジュリ扇”を持ってお立ち台で踊る永野が照れてしまい、中村倫也から「笑うな〜っ」とアドリブで突っ込まれることも。永野と佐藤、中村はすっかり打ち解けていたようで、撮影の合間に談笑している永野と佐藤に、中村が「2人、本当に“幼なじみ感”出てるよ」と声を掛ける場面も見られた。

放送時間にすればわずか数分のシーンだが、撮影は数時間にわたる。同じシーンであっても、カメラの角度を変え、何パターンも撮影するのだ。

リハーサルから何度も踊っていた永野は、最後のカットがかかると天をあおぐように深呼吸。すると、キャストやスタッフから拍手が起きた。

そして、お立ち台から下りる時には、佐藤と中村が永野の両側から自然と手を貸し、“せーの”でピョンッ。鈴愛や律、正人の関係性そのままという風で、ほほ笑ましい光景だった。

■ 見逃しても安心!今日のあらすじを“知りたい!”

・第7週「謝りたい!」第41回のあらすじ(5月18日[金]放送)

秋風(豊川悦司)が自身で最高傑作とうたう新作の構想メモを、鈴愛(永野芽郁)がごみと間違えて捨てた疑いが濃厚となった。秋風の逆鱗に触れた鈴愛は、菱本(井川遥)や裕子(清野菜名)、ボクテ(志尊淳)らが心配する中、オフィス・ティンカーベルから追い出されてしまう。

行くあてもなく途方にくれる鈴愛が辿り着いたのは、律(佐藤健)のマンション。あの笛を吹いて呼び出したが、出てきたのは正人(中村倫也)だった。そして、律も交え、3人でディスコ「マハジャロ」へ行くことになる。(ザテレビジョン)


【関連記事】
永野芽郁×豊川悦司、“ボーダーかぶり”に照れ笑い【朝ドラの裏側をのぞきたい!(14)】
鈴愛と律が再会、居合わせたのは“有名ユニット”のリーダー!【朝ドラの裏側をのぞきたい!(13)】
朝ドラ出演の中村倫也、“カメレオン俳優”の極意は「凧揚げ」に
「半分、青い。」菜生役の奈緒 同じ名前の役に『運命ですよね(笑)』
ザテレビジョン

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ