Amebaニュース

斎藤工より高身長! 阿部寛、豊川悦司、松重豊の50代トリオが揃い踏み

5月18日(金) 18:27

映画『のみとり侍』の初日舞台挨拶が5月18日にTOHOシネマズ 日比谷で行なわれ、主演の阿部寛をはじめ、寺島しのぶ、豊川悦司、斎藤工、松重豊、鶴橋康夫監督が登壇した。

本作は、小松重男の短編小説「蚤とり侍」をモチーフに名匠・鶴橋康夫監督が映画化した人情時代劇。長岡藩のエリート藩士でありながら、藩主の逆鱗にふれ、表向きは客の飼い猫の蚤を取って日銭を稼ぐ仕事、その実態は床で女性に愛をお届けする裏稼業である“蚤とり”に左遷された小林寛之進(阿部寛)の激動の人生の一部分を描く。

寺島以外はみな180cm以上というキャストたちが勢ぞろいすると、パワハラを存分に発揮する長岡藩主を演じた松重は「江戸時代に185cmを超えた男たちがこれだけいるなんてありえないですよね」と呆れ顔で阿部らを見渡す。寺小屋の先生役の斎藤も「僕も上背はある方ですが、先輩方がより高いので…」と自らの身長184cmを超える50代トリオの背の高さを強調する。

さらに斎藤は「阿部さんは役柄の心情によってサイズをコントロールできるのかと思うぐらい、状況によって大きさが変わっていた」と独特の表現で阿部を賞賛すると、阿部は「斎藤くんと並ぶときは、身長を合わせるようにして、松重さんといるときは、少しでも上にいけるように背伸びをしていたんです」と冗談を言って客席を盛り上げる。

そんな阿部だが「斎藤くんは映画監督もやり、素敵な作品を作るなどいろいろな才能を持っている人。でも役者のときは徹底して取り組む方です」と若い才能を絶賛すると、俳優たちのやりとりを見ていた鶴橋監督は「みなさんにありがとうと言いたい。(出演者たちは)本当に誇りです」としみじみ。続けて「この作品が遺作となってもいいくらいです」とドキっとするような発言をしつつも「とは言いながら、彼らのために次の企画書を書き始めています」と、さらなる活躍を約束した。

本作は、男女の交わりも多く描写されている艶っぽい作品だが、寺島は「私は子どもを生んだけれど大丈夫かしらと思い、鶴橋監督に相談したら『オーライ』と言ってくれたので安心しました」と裏話を披露。阿部は「R15と言われていますが、高校生から見ることができる映画です。劇場で大笑いして楽しめる、ちょっとエッチな映画です」と作品をアピールしていた。(text&photo:磯部正和)

【関連記事】
阿部寛、タイガースカラーの和服で初始球式! ノーバン投球を自画自賛
『のみとり侍』と「高須クリニック」がコラボした衝撃ビジュアル到着!
阿部寛、『新参者』シリーズ完結に「寂しい」
20代女性も斎藤工がお好き? 女性に支持され『昼顔』が興収1位!
MOVIE Collection

エンタメ新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

エンタメアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ