Amebaニュース

無謀な挑戦でチャンネル登録者数100万人超!のYouTuber・ジョーブログーービビリで小心者だった少年が人生を散らかす理由

5月18日(金) 17:00

提供:
小学生のなりたい職業にランクインするほどメジャーな存在になったYouTuber。その中でも今、一番過激な動画をアップし続けている?のがこの男、ジョーブログのジョーだ。

所持金0円でアメリカ大陸横断、アマゾン川をイカダで下って遭難…など無謀な挑戦で注目される、金髪の青年チャンネル登録者数100万人以上を誇り、著名人や芸能人までが虜(とりこ)になるなど、乗りに乗っている存在なのだ。

前編記事(「EXILE・ATSUSHIも虜にする破天荒YouTuber・ジョーブログの素顔とは…」)では、これまでのチャレンジ動画を振り返ってもらいつつ直撃したが、今回はさらに彼の素顔に迫る。初のメジャーな著書『瞬発力の高め方』(サンクチュアリ出版)の発売を記念して行われたスペシャルインタビュー、後半戦もヒア・ウイ・ゴー!

****

◆20歳の時にホームレス生活を体験

―YouTubeで型破りな動画をアップし続けているジョーさんですが、そもそもは素人さんですよね。なぜこんなことをやることになったんですか?

ジョー 20代前半の時、友人に「ジョーの生き方は面白いから、それを全部動画にしてYouTuberをやってみたらどう?」って言われたのがキッカケです。当時はYouTuberなんて、ちょっとダサいな、と思ってたんですよ。だけど自分は「なんでも試してみいへんとわからん」が信条なのでチャレンジしてみることにしたんです。

―生き方が動画向きだったと。その頃から妙なチャレンジをやってたんですか?

ジョー そうですね。ママチャリで日本を一周してみたり、無人島でサバイバル生活をしてみたり。あと怪しいセミナーに潜入したり、今でいうところのクラウドファウンディングみたいな感じでカンパを募って自己資金0円でBARを開店する、自費出版で自伝を作って路上で売る、なんてこともやってました。実はやってることは今とそんなに変わらないんです。そういえばホームレス生活をしていたこともありました。

―な、なぜに!?

ジョー 20歳くらいの時なんですけど、当時の自分は大学や仕事に行くわけでもなくプラプラしていたんです。自分の好きなこと、やりたいこと、叶えたい夢をノートに書き出して、それをひとつひとつ実行することだけに生きがいを感じてました。

当然、親からはめっちゃ怒られました。でも外で遊んで帰宅すると、毎回必ず食卓に夕飯が用意されてるんです。それを見て、「オレは何をやってるんだ?」と我に返りました。「生活の糧(かて)もないのに、夢を追ってるとかダサくないか?」と。でも引っ越すお金もない。なら、とりあえず家を出てホームレスになってまえ、と。



―就職することは考えなかった?

ジョー 全く。好きなことをやってないと自分じゃなくなるような気がするし、空は晴れてるのに曇りみたいな気持ちになるの、イヤじゃないですか? なので、ホームレスになるのが一番ベストだったんです。自由になれるし、お金はないかもしれないけど、やりたいことは追求できますから。その後、YouTubeにアップした大阪・西成のホームレス生活のルポなんかは、この頃の経験をそのまま再現したようなもんです。

―そこまで「好き」を追求しようと思ったのはなぜ?

ジョー 自分、中学くらいまではビビリで小心者だったんです。女の子に話しかけることもできないし、「ええな-、やってみたいなぁ」ってことを一歩踏み出してやることが全然できない人間でした。そんな自分を変えたいと思っていた時期に、ちょうどじいちゃんが亡くなってしまって。その時、「人っていつ死ぬかわからん。人生は有限や。やりたいことを、やれるうちに全部やったろう!」っていう気分になったんです。

―ホームレスの件も、極端なように見えて自分の心の声に従っただけだったりするわけですね。

ジョー そうです。みんな、もっとその時の自分の欲求に忠実に生きてええんちゃう?と思います。そういうバックボーンもあって「こういう生き方もあるよ」っていうのを、今回の本『瞬発力の高め方』で書いてみたんです。

―読ませてもらって面白かったのが、「人生を散らかせ」という言葉でした。

ジョー 自分の人生って本当に散らかし放題なんですよ。その場その場でやりたいこと、思いついたことをやり続けているだけなんです。でも、これを連続してやっていると面白い現象に出会うんですよ。





























―具体的に言うと?

ジョー やりたいことって、その時々で変わりますよね。なんの脈絡もない。でも、振り返ってみると、点と点が線で繋がってたりするんです。自分の経験でいうと、昔、ボクシングジムに通っていた時期がありました。プロは目指してなかった。それから数年経って、AbemaTVの『亀田興毅に買ったら1000万円』(2017年5月放送)という番組企画が立ち上がって、面白半分に応募してみたら出場することになってしまった。試合は当然負けるわけですけど、それが縁で亀田さんの指導の下、プロテストを受けることになった。それで最終的にプロテストに合格して、プロボクサーとしてデビュー戦をやることになっちゃうんです。

https://youtu.be/xDmlWhiDNKo

―脊椎で反応するように、やり散らかしたことが見事に繋がってますね。

ジョー よく「人生には目標が必要」とか「まずゴールを決める」なんて言われますよね。でも、それって人によって違うんちゃうか?と。例えば、イチローさんや本田圭佑さんは幼い頃からスポーツ選手になりたいという目標を立てて、コツコツと結果を積み上げていったタイプですよね。いわゆる「目標達成型」です。でもこれは長い期間、努力をし続ける根気が必要。誰もができることじゃないです。

だったら自分みたいに、その場その場で反応するように、やりたいことをやり散らかして、それを繋げていきながら人生を作っていくパターンもあると思うんです。自分はそれを「展開型」って呼んでます。たぶん、多くの人が「展開型」のような気もするんですよね。

―でも、やりたいことを考えてやり続けるのも体力が必要。億劫(おっくう)になったりしません?

ジョー そういう時もありますよ。でも、そこであえて自分を追い込むんですよ。無謀なことを思いついたら、それをやるために何が必要かを考えて、モノを用意したり、アポイントを取ったり、準備をしちゃいます。しかも、それをいくつか同時進行で走らせるんです。そうすると「やらなアカン!」って気持ちになりますし、それがなぜか快感に変わっていくんですよね。

―完全にドMですね。

ジョー 自分はSのつもりなんですけどね(苦笑)。

(取材・文/尾谷幸憲 撮影/鈴木大喜)



























ジョー













YouTubeチャンネル『ジョーブログ』のリーダー。素人ながら「0円でアメリカ大陸横断」「アマゾン川をイカダで川下り」「スラム街潜入」「麻薬密売組織に接触」などの常識外れな動画を制作&アップロードし、注目を集める。AbemaTVの企画『亀田興毅に買ったら1000万円』で一躍人気者に。著書『瞬発力の高め方』(サンクチュアリ出版)が発売中。



◯YouTube公式チャンネル『ジョーブログ【CRAZY CHALLENGER】』【https://www.youtube.com/channel/UC1zsShDyJp8AafQu9BPo1PQ】 ◯公式Twitter【@joeANDdream】 ◯公式Instagram【https://www.instagram.com/joeanddream/】 【関連記事】
アマゾンで遭難? 麻薬売人に説教!? EXILE・ATSUSHIも虜にする破天荒YouTuber・ジョーブログの素顔とは…
性依存症を作品でカミングアウトした漫画家が赤裸々に描く実体験ーー“楽しくない、でもやめられない”苦悩とは
ネット動画で大反響! あどけなさと大人なボディが背反するRaMuは、媚びないギャップで過激化!?
大物政治家ファミリーのお嬢様でミス日本グランプリのセレブ美女が水着グラビア!「実は、父には何も言ってないんですよ…」
遅咲きのカルト芸人・チャンス大城、実は中3からNSCに通う破天荒人生「芸歴30年でも未だに風呂なしアパート住んで…」 
週プレNEWS

コラム新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

コラムアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ