Amebaニュース

白インキや銀インキで印刷!ポリ袋印刷専門店の「アドポリ」が黒レジ袋の取り扱いを開始

5月18日(金) 12:15

提供:
adpoly「HDPE(カシャカシャ)黒 レジ袋」 株式会社アドプリントは、印刷通販サイト「ADPRINT」を中心として、さまざまな印刷商品を取り扱うグループサイトを展開している。そのうちの1つでビニール袋印刷を専門とする「adpoly(アドポリ)」は、「HDPE(カシャカシャ)黒 レジ袋」の取り扱いを開始した。片面1色のUV印刷商品で、印刷用の銅版を作成しない方式であるため比較的に短い納期を実現。最小300枚からの注文に対応している。 「adpoly」で取り扱っている「HDPE(カシャカシャ)黒 レジ袋」には、いわゆる“パリッとした”硬めの素材を採用。触ると“カシャカシャ”や“シャリシャリ”といったような音がする。厚みは0.022〜0.03mm(22〜30μ)で、サイズには1号(170×370×50mm / 印刷範囲150×250mm)、3号(230×390×55mm / 印刷範囲210×250mm)、7号(300×480×60mm / 印刷範囲250×250mm)、12号(370×570×65mm / 印刷範囲250×250mm)を選ぶことが可能だ。 印刷インキは白色で、追加料金を支払うことにより銀色での印刷にも対応。また、レジ袋のベロ部分(手持ちの真ん中の掛ける部分)を簡単に切り離せるようにする「切り離し加工」にも追加料金が必要とされる。 なお、「adpoly」では、同様に「HDPE(カシャカシャ)オレンジ レジ袋」も新商品として販売中。そちらは、ライトブルー / 青 / ピンク / 赤 / オレンジ / 緑 / 茶 / 黒のほか、パントン・ソリッドチップス(コート紙版)を基準とした特色印刷に対応している。 adpoly
URL:http://www.adpoly.jp/
2018/05/18
■関連記事
家庭用プリンタで出力してアイロンで生地に貼り付けるシート「エーワン アイロンプリントシート」 (2018.5.17)
モリサワの“フォントdeゲーム”や紙meの展示などを楽しめる「印刷のいろはフェスタ2018」 (2018.5.16)
形やサイズを自由に決めてオリジナルの箱を作成!印刷の通販グラフィックの「パッケージ印刷」に注目 (2018.5.15)



MdN

IT新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

ITアクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ