Amebaニュース

テロ疑い1000件を捜査=米FBI「最優先課題」

5月17日(木) 14:27

提供:
 【ワシントン時事】米連邦捜査局(FBI)のレイ長官は16日、上院歳出小委員会の公聴会で、FBIが捜査中の「ローンウルフ(一匹おおかみ)」型テロ容疑事案が米国内で約1000件に上ると明らかにした。こうした個人によるテロ行為を未然に食い止めることが「最優先課題だ」と強調した。
 レイ長官は、個人がインターネットなどを通じてイスラム過激思想に感化されるローンウルフ型テロ容疑事案について、「全米50州で約1000件を抱えている」と証言した。この数には、国際テロ組織アルカイダや過激派組織「イスラム国」(IS)が絡む事案の捜査は含まれないという。 【時事通信社】
時事通信

海外新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

海外アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ