Amebaニュース

マーベルの重鎮スタン・リーが会社売却でトラブル、1千億円を求める訴訟

5月17日(木) 14:45

 アイアンマンやスパイダーマンの生みの親、マーベル・コミックの伝説スタン・リーが、2001年に共同設立した会社「POW!エンターテイメント」の売却で会社幹部との間に問題があるとして、10億ドル(約1100億万円)の損害賠償を求める訴えを起こしたという。

【写真】マーベルの重鎮「スタン・リー」フォトギャラリー

 E!Newsによると、リーはPOW!エンターテイメントのCEOであるジル・チャンピオン氏とシェーン・ダフィー氏が、いい加減な取引でPOW!を中国の企業に売却したと主張。リーのアイデンティティや名前、イメージなどを不当に盗み、リーを犠牲にして利益を得たとして、両者に対して10億ドルの損害賠償を求める訴えを起こしたという。

 POW!エンターテイメントは2017年に、承興国際控股有限公司(Camsing International Holding Ltd)に売却されている。

 リーは先の共同経営者が「リーの署名をねつ造するか不当に入手するかして、POW!がリーのアイデンティティや名前、イメージ、肖像権などを独占的に使用できる」権利を不当に得たと主張しているとのことだ。

 チャンピオン氏とダフィー氏の両者は、リーの主張に根拠がなく、リーは同意した契約の内容を十分に承知していたとして、真っ向から法廷で争う構えを見せているという。

■関連記事
スタン・リー来日『東京コミックコンベンション2017』オープニングセレモニーの様子
『マーベル展 時代が創造したヒーローの世界』内覧会<フォト特集>
『東京コミコン』にスタン・リーやマッツ・ミケルセンら来日 貴重アイテムも展示決定
スタン・リー製作総指揮『ザ・リフレクション』キービジュアル解禁
クランクイン!

海外新着ニュース

編集部のイチオシ記事

この記事もおすすめ

海外アクセスランキング

注目トピックス

アクセスランキング

写真ランキング

注目の芸能人ブログ